Soundtrack Pub

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ヤマト音楽団大式典! | トップページ | 冨田 勲「イーハトーヴ」交響曲 »

2012年11月17日 (土)

丘 灯至夫作品を歌う会

 11月16日、お誘いいただいて品川プリンスホテルで開催された「丘灯至夫作品を歌う会」に参加してきました。
 音楽関係者、知人、ゆかりの方など100人あまりが参加して、丘 灯至夫先生を偲び、作品を歌う催しでした。つい、11月3日に、故郷・福島県に銅像が建てられ、除幕式が行われたばかり。そのときのようすも紹介されました。

 丘 灯至夫(おか・としお)は2009年に亡くなった作詞家。コロムビア専属の作詞家として活躍し、数々の昭和歌謡の名曲を生み出しました。
 私より一回りくらい上の世代には、「東京のバスガール」「高原列車は行く」「高校三年生」などが有名らしいのですが、私はリアルタイムでは聴いていません。
 丘 灯至夫先生というと、なんといっても『ハクション大魔王』であり、『昆虫物語みなしごハッチ』です。
 アニメ・特撮ソングでは、上記2作をはじめ、『紅三四郎』、『樫の木モック』、『けろっこデメタン』、『決断』、『風船少女テンプルちゃん』、『新造人間キャシャーン』(挿入歌)、『とんでもヒーロー ムテキング』(挿入歌)など、タツノコプロ作品が多かった。メルヘンタッチで叙情性のある作品が印象に残ります。SFアクションもの『新造人間キャシャーン』は意外に映りますが、人間でなくなった哀しみを胸に秘めて戦うキャシャーンや月光によみがえる母の姿など、アクションだけではない雰囲気がフィットしたのでしょう。
 また、『人造人間キカイダー』や『仮面ライダーV3』では、共作の形で多くの挿入歌を手がけています。これはおそらく、専門の作詞家でない方が書いた詩を補作する仕事ではなかったかと想像しています。

 それにしても、1917年生まれの丘先生がアニメソングの詩を本格的に書き始めたのは50歳近くになってから。それから70台まで、膨大な作品を書き続けました。瑞々しい乙女心を歌った『キャンディ・キャンディ』の挿入歌なんて、60歳のときの作品なのですから驚きます。私のお気に入り作品は、『人造人間キカイダー』の挿入歌「悪魔が今日も笛をふく」。渡辺宙明先生のメロディ・アレンジともども、『人造人間キカイダー』ソング中の名曲のひとつです。

 丘先生の作品は明るい中にペーソスを込めた詩が多く、青春期や思春期のあこがれと切ない想いを歌った歌がとりわけ心に残ります。永遠の青年みたいな方だったのでしょう。その歌が今でも人々の胸に残り、歌い継がれていることに感動した「歌う会」でした。

丘灯至夫さんの胸像を除幕 (福島民報)

タツノコプロ大全集

 : アルバム・ジャケット

みんなで歌おう!みなしごハッチ

 : アルバム・ジャケット

人造人間キカイダー/キカイダー01 MUSIC-BOX

 : アルバム・ジャケット

« ヤマト音楽団大式典! | トップページ | 冨田 勲「イーハトーヴ」交響曲 »