Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 明日から! 杉並アニメーションミュージアム展示会 | トップページ | シンポジウム「アニメーションの音の世界」 »

2014年2月12日 (水)

放送ライブラリー公開トークショー「題名のない音楽会」

 2月11日、放送ライブラリー公開トークショー「人気番組メモリー第11回:題名のない音楽会」に足を運びました。
 「人気番組メモリー」は放送ライブラリーが年1回のペースで開催しているイベントで今回が11回目だとか。不覚にもこれまで知りませんでした。

 会場は放送ライブライブラリーのある横浜みなとみらい…ではなく、浜離宮朝日ホール。
 ゲストは冨田勲先生とヴァイオリニストの高嶋ちさ子さん、『題名のない音楽会』の番組プロデューサー・鬼久保美帆さん。
 50年の歴史を持つ番組「題名のない音楽会」のあゆみと収録裏話などを映像を紹介しつつ語る内容でした。
 最近は番組内で「クレーマーちさ子教授」として活躍(?)する高嶋さんの生ヴァイオリンが聴けたのはうれしいサプライズでしたが、なんといってもお目当ては冨田先生です。

 初代司会者・黛敏郎とのエピソード(マンションの同じ階に住んでいてエレベーターに乗り合わせると番組の打ち合わせが始まったとか)、スティーヴィー・ワ ンダーやマイケル・ジャクソンとの交流のエピソード、「座頭市」の映画で勝新太郎と音楽打ち合わせをしたエピソード(自分(勝新)が演技しているときは自分がメロディなので音楽はリズムだけでいいとか)などなど。
 マイペースで語られるお話がいちいち興味深くて楽しい。
 正直、番組とはあまり関係ないお話が多かったですが、面白かったのでよしです。

 最後に会場からの質問に応じて冨田先生が、「この歳になるとスコアを書くのは(手書きなので)しんどいんだけど、あと1本はオーケストラ曲を書きたい」と答えていたのが印象的でした。

 冨田先生、お元気でご活躍を!

 20140211_event

« 明日から! 杉並アニメーションミュージアム展示会 | トップページ | シンポジウム「アニメーションの音の世界」 »