Soundtrack Pub

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 「組曲 銀河鉄道999」コンサート初演 | トップページ | 「資料性博覧会08」終了しました »

2015年5月 1日 (金)

ファンタジー・フィルム・スペクタキュラー2015

 4月26日、三鷹芸術文化センター 風のホールで開催されたコンサート「ファンタジー・フィルム・スペクタキュラー2015」に足を運びました。

 日本ジョン・ウィリアムズ・ファンクラブ(JWFC)主催による映画音楽をオリジナルスコアで演奏するコンサートです。

 選曲がサントラファンのツボをつきまくり。
 『宇宙空母ギャラクティカ』、『007/ジェームズ・ボンド』シリーズ、『グレムリン』、『スペース・バンパイア』、『ある日どこかで』、『ホビット』、『アバター』、『宇宙の7人』など。よくある映画音楽コンサートでは取り上げられないような作品、楽曲がオリジナル・スコアで聴けるのですからたまりません。ジョン・バリーの名曲『ある日どこかで』やジェームズ・ホーナーの初期の傑作『宇宙の7人』、ヘンリー・マンシーニの燃えるスコア『スペース・バンパイア』などが生で聴けるとは感激でした。

 そして、この日の目玉は世界初演曲を含む『サンダーバード』のBGMの数々。今年は『サンダーバード』生誕50周年ということもあってのスペシャル企画でした。近年発見されたバリー・グレイのオリジナル・スコアによる演奏です。
 私の周囲では本コンサートを「サンダーバード・コンサート」と呼んでいる人が多いくらい、このプログラムには期待が集まっていました。

 『サンダーバード』の演奏はコンサートの終盤。ハイライトでした。
 監修・司会の神尾保行さんのリードのもと会場全体で声を合わせた「Five、Four、Three、 Two、One、Thunderbirds are go!」をきっかけに始まった「オープニング・タイトル」はまさに期待にたがわぬ音!
 「これだよ、これ」と胸が熱くなりました。
 「ロケット“太陽号”の危機」「ニューヨークの恐怖 組曲」など、劇中で使用されたサスペンス、アクション曲が生で聴けるのがたまりません。劇場版2作からも選曲されているのが胸アツです。
 とりわけ、スリリングなアヴァンタイトル音楽から始まる「オープニング・タイトル(オリジナル版)」と雄大な「ゼロX号のテーマ」は感動でした。

 演奏は、榊真由指揮、東京庭 Tokyo Garden Orchestra。
 現役音大生で構成されたいわばアマチュア楽団ですが、技量は申し分なく、ひたむきで真摯な演奏でよかったです。この中から未来のスタジオミュージシャンが生まれるかもしれないと思うと、応援したくなります。

 アンコールは『ジュラシック・パーク』から「ジュラシック・パークへようこそ」。ナイス選曲でした。

 JWFCでは今後もコンサートの開催を予定しているようなので、気になる方はオフィシャルWebサイトをチェックしておきましょう。今決っているところでは、2015年11月3日にティアラこうとうで『スター・ウォーズ』6部作の交響組曲のコンサートが予定されているそうです。

 The John Williams Fan Club, Japan

 Tbconcert50thirasi_midle

THUNDERBIRDS ARE GO! / THUNDERBIRD 6
 2014年12月にLA-LA LANDレーベルより発売された劇場版「サンダーバード」「サンダーバード6号」のオリジナル・サウンドトラック。

 : アルバム・ジャケット

<Set List>

第1部
 
『宇宙空母ギャラクティカ』(1978)より
・サイロン母艦/メイン・タイトル(ステュー・フィリップス/グレン・A・ラーソン)

『ミッション・インポッシブル』(2006~2015)より
・テーマ(ラロ・シフリン)

★ 007/ ジェームズ・ボンドの世界 ★

・ジェームズ・ボンドのテーマ(1962)(ジョン・バリー/モンティ・ノーマン)

・007/スカイフォール(2012)より
・テーマ(アデル/アドキンス)

『007/ロシアより愛をこめて』(1963)より
・ 007のテーマ(ジョン・バリー)

『007は二度死ぬ』(1967)より
・組曲(ジョン・バリー)
 a.水葬と日本上陸
 b.日の出と漁
 c.リトル・ネリーの活躍(007のテーマ)
 d.結婚式
 e.第三次世界大戦回避
 f.飛行中の宇宙カプセル


『アナと雪の女王』(2014)より
・雪だるまつくろう/ありのままで/うまれてはじめて(クリスティン・ロペス)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)より
・不死鳥フォークス(ジョン・ウィリアムズ)

『SAYURI』(2005)より
・会長さんのワルツ/捨てられた夢/テーマ(ジョン・ウィリアムズ)

『サントロペ大混戦』(1979)より
・メイン・テーマ(レイモン・ルフェーブル)

『グレムリン』(1984)より
・組曲(ジェリー・ゴールドスミス)
 a.チャイナ・タウン
 b.ギズモ
 c.グレムリン・ラグ

第2部

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)より
・序曲(アラン・シルヴェストリ)

『ある日どこかで』(1980)より
・テーマ(ジョン・バリー)

『ホビット:おもいがけない冒険』(2012)より
・とても真っ当なホビット(ハワード・ショア)

『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011)より
・メイン・テーマ(ラミン・ジャバティ)

『宇宙の7人』(1980)より
・メイン・タイトル(ジェームズ・ホーナ-)

『アバター』(2009)より
・アイ・シー・ユー(ジェームズ・ホーナー)

『スペース・バンパイア』(1985)より
・メイン・タイトル(ヘンリー・マンシーニ)


★ サンダーバード ★
 TVオリジナル・サウンドトラック・スコア(バリー・グレイ)

・オープニング・タイトル(オリジナル版)
・ロケット“太陽号”の危機(第3話) サン・プローブ
・火星ロケットの危機(第14話) 火星ロケット輸送車
・ニューヨークの恐怖(第10話) 組曲
・サンダーバード6号(1967) メイン・タイトル
・映画版サンダーバード(1966) トレーシー島
・映画版サンダーバード(1966) ゼロX号のテーマ
・SOS原子旅客機(第1話) トレーシー・ラウンジ・ピアノ
・サンダーバード発進!

★ アンコール ★
『ジュラシック・パーク』(1993)より
・ジュラシック・パークへようこそ(ジョン・ウィリアムズ)

『サンダーバード』(1965)より
・エンド・タイトル(バリー・グレイ)

榊真由指揮
東京庭 Tokyo Garden Orchestra

« 「組曲 銀河鉄道999」コンサート初演 | トップページ | 「資料性博覧会08」終了しました »