Soundtrack Pub

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

セーラームーンクラシックコンサート2018

 Salormoon_classic_2018 flyer

 8月28日が初日の「セーラームーンクラシックコンサート2018」(東京芸術劇場)初回公演に行ってきました。
 いやー、よかったです。

 本格的なクラシック風からハードなシンフォニーロックまで、アレンジが昨年以上に振り切っている。
 冒頭の「ムーンライト伝説」から度肝を抜かれました。

 今回は90年代アニメの有澤孝紀さんのBGMがたっぷり聴けるのがファンにはうれしいところ。

 日常BGMから(通称)テレポーテーションのテーマ、タキシード仮面のテーマ、妖魔のサスペンスなどを経て変身BGMへつながるメドレーはとりわけ聴きごたえがありました。
 アニメを観ていたファンなら胸躍る旋律やサウンドが次々現れて感涙ものです。
 「そうだよー、これが聴きたかったんだよ!」と思ったファンも多かったのでは。

 昨年のプログラムにあった「乙女のポリシー」や小坂明子さんがピアノを弾くピアノ組曲風のコーナーも昨年とは違うアレンジ、構成になっていて、昨年以上のものを創り上げようというスタッフ・出演者の意気込みを感じます。

 休憩をはさんだ後半は激しくドラマチックな展開。
 本物のパイプオルガンが奏でるバッハの「トッカータとフーガ ニ短調」は90年代アニメ通算110話(『美少女戦士セーラームーンS』第21話)からの引用。そこからセーラーウラヌスとセーラーネプチューンのメドレーに突入するのが泣かせます。ヴァイオリン・寺下真理子さんとピアノ・SUGURUさんのネプチューンとウラヌスが乗り移ったような演奏が圧巻でした(ステージの両端で演奏する二人が時折アイコンタクトを交わすのが萌えポイント)。

 次はセーラースターライツのコーナーで、1曲目が本公演初演となる「セーラースターライツ出現」のテーマ。原曲通りフィンガースナップから始まるのに「キターッ!」と鳥肌だってしまいました。
 今回も公式パンフレットの構成と執筆を担当しているのですが、演奏曲紹介はアレンジが完成する前に書いているので、演奏を聴くまでどんな曲になっているのかわからないのですよ。
 この曲の紹介も「フィンガースナップの音とともに…」と書いたものの、違うアレンジになっていたらどうしようと思っていたので、原曲を生かしたアレンジがうれしかったです。
 本曲に限らず、「ムーンライト伝説」イントロの鐘の音やパイプオルガンの活かし方など、全体に漂う「わかってる感」が本コンサートの醍醐味と思います。

 コンサートの最後は原作&90年代アニメ最終章「シャドウ・ギャラクティカ編」のクライマックスを再現したコーナー。
 有澤さんのBGMをバックにセーラームーン=三石琴乃さんとセーラーギャラクシア=堀江美都子さんが生声でかけあいを演じるのですから、たまりません。
 満を持してステージに登場した堀江美都子さん。ゴールドの衣装で歌う「ゴールデンクイーン・ギャラクシア」の凛々しくかっこいいこと!
 コンサート一番の聴きどころといってよいすばらしさでした。
 壮絶な死闘の末、セーラーギャラクシアが浄化されると、衣装替えした堀江美都子さんが現われて主題歌「セーラースターソング」を天使のように歌い上げる。
 会場全体から感動の息吹が立ち上ってくるのが見えるような最高の見せ場でした。
 熱狂的なセーラームーンファンとはいえない私も、思わず涙ぐんでしまいます(プログラムを知っているのに)。
 きっと会場にいたファンには堀江さんの背中に(エターナルセーラームーンの)天使の羽が見えていましたね。

 今年は、1曲1曲の完成度もさることながら、数曲をブロックにまとめたコーナーのドラマティックな構成が特徴でした。
 セットリストも公演前から公開されていますが、
http://sailormoon-classic.com/news.html#180706
パンフレットの演奏曲紹介を読んでいただくと、選曲・構成の意図を、より理解していただけると思います。
 演奏曲が使用された話数の場面写を選んで載せるなど、画像選びにもこだわりました(東映アニメーションさんに保管されている膨大な量のポジを何度も観て選びました)。

 なので、ぜひぜひ公演のおともに、そして記念に、パンフレットをお買い求めください。
 今年も池袋マルイ7階でグッズ販売を行っていますので、劇場外でも購入可能です。

 東京公演は本日29日も14時と19時の2回。当日券も若干出ているようですので、チケット買ってないという方も劇場に足を運んでみてください。
 9月7日には大阪フェスティバルホールでの公演が予定されています。

 もし来年の公演があるなら、期待するのは変身BGMの女声コーラスの再現ですよね。コーラスは有澤さんBGMの特徴のひとつなので。
 そして、「セーラームーン」「セーラームーンR」「セーラームーンS」…とシリーズが変わるたびにヴァージョンアップしていった歴代変身BGMを並べて聴いてみたい。
 あとは劇場版サントラの再現など、まだまだ、セーラームーンコンサートのアイデアは尽きません。

セーラームーンクラシックコンサート公式サイト

2018年8月19日 (日)

「日本懐かしアニソン大全」のFacebookページができました

 8月29日発売『日本懐かしアニソン大全』のFacebookページができました。

 https://www.facebook.com/Anison.Taizen/

 本の内容やイベント情報をこちらで発信しています。

 ぜひ、「いいね!」やフォローをお願いします。

2018年8月13日 (月)

「日本懐かしアニソン大全」が発売されます

 「日本懐かしアニソン大全」(腹巻猫&レコード探偵団/辰巳出版/¥1,620(税込))が8月29日に発売されます!
 https://www.amazon.co.jp/dp/4777821684

 昭和のアニメソング約140曲をレコードジャケットとともに紹介した本です。

 著者名は「腹巻猫&レコード探偵団」となっていますが、執筆は腹巻猫とレコード探偵団の水落隆行さん、不破了三さんの3人で分担しています。
 私の持込み企画ではなく、もともと編集を担当したのプランリンクさんと水落さんとで企画が進んでいたところに声をかけていただきました。

 メインターゲットは40~50代の一般読者。コアなアニメファン、アニソンファン向けというより、「昔、観ていたなぁ」「子どもの頃、歌ってたなぁ」と手に取ってくれるライトユーザー向けの本です。
 しかし、気楽に読んでもらえる本であると同時に、コアなファンにも納得してもらえる内容になるよう心がけました。
 むしろ、「アニメソング研究の指針となる一冊」を目指すくらいの勢いで作っています。

 私が力を入れたのは、全体の構成と選曲です。

 特に、昭和のアニメソングを発表時期によって「黎明期(~1968)」「開花期(1969~1973)」「充実期(1974~1977)」「進化期(1978~1982)」「発展期(1983~1988)」の5つの区分に分けたのは本書の肝となるところです。この案が通ったときは「もう、中身は誰が書いてもいい」と思いました(笑)。「1971~1975」「1976~1980」等とキリのいい年で区切られていないところに意味があり、アニメソングの歴史を読み解く、ひとつの「史観」を示したつもりです。

 選曲も悩んだところです。たたき台から2度にわたる会議で絞り込み、掲載曲に落ち着きました。万人が納得するセレクトは不可能ですので、執筆者・編集者の意向が反映されることは避けられません。時代を代表する作品を取り上げつつ、関係者の思い入れのある作品をポツポツと入れ込んでいます。「なぜあの曲が入ってない」「なぜこの曲が?」と思われる方もいるでしょうが、それも本書の個性とお考えください。ただ、「レコードジャケットを掲載する」というコンセプトの都合上、どうしてもカラーページに載せられない作品が出てきてしまったのは残念でした。

 2ヶ月足らずの執筆期間で140曲分のテキストを(他の仕事もこなしながら)私と水落さんだけで執筆するのはとうてい無理と考え、不破了三さんに協力をお願いしました。結果、70年代前半までの大半を水落さん、80年代と劇場アニメの半分くらいを不破さん、残りを腹巻猫が担当するという分担になっています(ページごとに執筆担当者を表記しています)。表記の統一は図っていますが、内容や文体は三者三様で、それぞれのトーンの違いを楽しんでいただくのも一興と思います(笑)。

 本書の刊行を記念して、執筆者たちによるトークイベントを開催します。

-----------------------------------
『日本懐かしアニソン大全』発売記念
昭和アニソン大放談!

■開催日時:2018年9月1日(土)
 OPEN 12:30 / START 13:00~CLOSE 16:00(予定)

■会場:楽器カフェ
 千代田区神田神保町1丁目15 杉山ビル2F
 https://gakki-cafe.com/

■出演:腹巻猫(劇伴倶楽部)、水落隆行(レコード探偵団)、不破了三

■チャージ:予約・当日とも1,500円(1,000円+ドリンク代500円)

予約はこちらから!

https://gakki-cafe.com/event/20180901/?instance_id=471

2018年8月12日 (日)

「コミックマーケット94」終了しました

 8月10日~12日の既刊開催された「コミックマーケット94」終了しました。

 「劇伴倶楽部」は11日に参加しました。たくさんのご来場、応援、ありがとうございました!

 次は9月22日(土)に大阪で開催される「資料性博覧会・大阪」への参加を検討しています(これは委託のみですので、会場に行きません)。
 http://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/

 詳細決まりましたら、お知らせします!

↓告知文(記録として残しています)

続きを読む "「コミックマーケット94」終了しました" »

2018年8月 9日 (木)

夏コミ頒布物について

 8月11日(土)に参加するコミックマーケット94での頒布物情報です。

 ブースは、

 東 G-29b 「劇伴倶楽部」

になります。

 新刊は

 「劇伴倶楽部Vol.15 THE MUSIC OF YAMATO 1977 宇宙戦艦ヤマト(1977)の音楽世界」

 Gekiban15c2

 目次

・宇宙戦艦ヤマト(ドラマ編)
・劇場版『宇宙戦艦ヤマト』
・SPACE CRUISER YAMATO(英語盤)
・続『宇宙戦艦ヤマト』と私
・交響組曲 宇宙戦艦ヤマト
・ラジオドラマ「宇宙戦艦ヤマト」

 このあと長大な付録が付きます(お楽しみ)。

 100部しか刷ってないので、なくなったらご容赦。
 また冬コミで追加します。

 また、レコード探偵団さんのテレビまんがレコード研究本

 『「スクラッチノイズの向こうに」総集編 Vol.1』

を委託本として頒布します。

 Scrachnoise

 「まんだらけZENBU」人気連載の総集編!
 アニメ・特撮等の「テレビまんが主題歌」はもちろん、怪獣映画やTVドラマなども含む懐かしのソノシートやレコードを、貴重なジャケット写真とともに紹介した本。
 フルカラー本文96ページの豪華本です!

 委託分は限定24部!
 こちらもなくなったらご容赦。

 レコード探偵団さんには在庫が豊富にあるそうですので、またの機会をお待ちください。

 他に下記の既刊を頒布します。

・「劇伴倶楽部 Vol.14 THE MUSIC OF YAMATO 1974 宇宙戦艦ヤマト(1974)の音楽世界」
・「THE MUSIC OF TRITON 海のトリトンの音楽世界」

 解説を書いた不気味社さんのCD(主題歌や劇中音楽を男声コーラスで録音したものです)

・「豪快な機甲界」
・「豪快なアンヌ ~僕は、僕はね、人間じゃないんだよ~編」

 Gokaina_kikokai Gokaina_anne

※「豪快な太陽の牙」は完売しました。

 コミケ参加のみなさま、会場でお会いしましょう!

2018年8月 6日 (月)

「ロボマスターズ」Blu-ray

 アニメ『ロボマスターズ』の全6話を収録したBlu-rayが8月2日にハピネットから発売されました。
 ご縁あってブックレットの構成・執筆を担当しています。

 中国で実際に開催されているロボット競技大会「ロボマスター」を題材にした日中合作アニメです。ロボット競技のシーンはCGアニメで表現され、なかなかの迫力。日本の「学生ロボコン」が好きの方はハマるのでは。

 音楽は池頼広さん。
 残念ながらサントラ盤は出てないのです。

ロボマスターズ [Blu-ray]

 : アルバム・ジャケット

2018年8月 4日 (土)

『日本懐かしアニソン大全』発売記念イベント

 【イベント情報】にも書きましたが、8月29日に辰巳出版より『日本懐かしアニソン大全』という本が発売されます。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4777821684/

 腹巻猫も執筆しています。

 この本の発売を記念して、9月1日にトークイベントを開催します。

--------------------------

『日本懐かしアニソン大全』発売記念トークイベント
昭和アニソン大放談!

■開催日時:2018年9月1日(土)
 OPEN 12:30 / START 13:00 ~ CLOSE 16:00(予定)

■会場:楽器カフェ
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目15 杉山ビル2F
 地下鉄神保町駅 A7出口より徒歩2分 ガスト上
 http://gakki-cafe.com

■出演:腹巻猫(劇伴倶楽部)、水落隆行(レコード探偵団)、不破了三

■概要
 『日本懐かしアニソン大全』(辰巳出版)の発売を記念して、執筆者が昭和のアニメソングの魅力と思い出を語るトークイベント。

 チャージは1500円(1ドリンク込み)の予定。

 予約方法等の詳細は、続報お待ちください!

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »