Soundtrack Pub

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年3月 3日 (土)

「機甲界ガリアン」音楽集 完全版

 : アルバム・ジャケット

 2月28日、ワーナーミュージック・ジャパンより「『機甲界ガリアン』音楽集 完全版」が発売されました。

 1984~85年に放送されたTVアニメ『機甲界ガリアン』の音楽を集大成した4枚組CD-BOXです。
 腹巻猫はブックレット掲載の音楽座談会の聞き手・構成を担当しています。

 いいですよ、これ。

 LPサイズよりは小さいけどCDよりは大きいEPサイズの紙ジャケ(特徴的な紙質まで再現!)。 当時の音楽集LPのジャケットイラストを楽しむには手頃な大きさです。

 DISC1とDISC2に放送当時発売された音楽集をMナンバーごとにトラック分けして収録。加えて、ようやく発見された未収録BGM(ステレオ音源)をボーナストラックに収録。
 DISC3には音楽集でBGMとくっついて収録されている主題歌2曲をEPマスターから収録(カラオケも入れてほしかった!)。
 DISC4はSE入りで収録された音楽集Vol.2の楽曲をSEなしで新たにMIXして収録。本BOXの目玉のひとつです。

 結果、未収録曲含む全曲をSEなしステレオ音源で完全収録、1曲1トラック収録が実現。

 長年、こういう音源が欲しかったという夢がかないました。

 ブックレットも充実。
 音楽集LPのライナーノーツの復刻はもちろん、ディスクユニオンでCD化された際のスペシャルブックレット(冬木透×高橋良輔対談とEUROXインタビュー)も再録されています。
 新規収録の冬木透×高橋良輔×積惟文(当時のワーナーパイオニア音楽プロデューサー)音楽座談会とBGMリストも掲載。
 そして、音響監督の故・浦上靖夫さん直筆音楽メニューの復刻小冊子なんて、涙が出ます。

 アニメサントラ復刻の理想的な形のひとつと呼べる好企画。聴いて、読んで、観て楽しめます。ぜひ手に取ってみてください。

「機甲界ガリアン」音楽集 完全版

2018年2月16日 (金)

ギンガイザー&マシーンブラスター サントラ発売!

 : アルバム・ジャケット

 2月14日、『超合体魔術ロボ ギンガイザー』のオリジナル・サウンドトラックが発売されました。

 1977年に放送された日本アニメーション制作のロボットアニメ。音楽は『宇宙海賊キャプテンハーロック』『聖闘士星矢』の横山菁児先生です。横山先生初のSFアクションアニメ作品で、のちの同ジャンルの作品のルーツとも呼べるでしょう。BGMは全曲初商品化です。

 腹巻猫は構成・解説を担当しました。昨年7月に惜しくも逝去された横山先生。新規インタビューはかないませんでしたが、過去に腹巻猫が行ったインタビューから抜粋したものをブックレットに掲載しています。

 : アルバム・ジャケット

 さらに3月7日には《SOUNDTRACK PUB》レーベルより『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』のオリジナル・サウンドトラックが発売されます。

 これは1976~77年に放送された日本アニメーション制作のロボットアニメ第1弾。音楽は小林亜星×筒井広志の黄金コンビです。

 こちらもBGMは全曲初商品化。さらに初公開の主題歌オリジナル・カラオケも収録しました。構成と音楽解説は不破了三さんにお願いしました。

 ぜひ、『ギンガイザー』『マシーンブラスター』2タイトルそろえてお聞きください!

超合体魔術ロボ ギンガイザー オリジナル・サウンドトラック

ブロッカー軍団IV マシーンブラスター オリジナル・サウンドトラック

2018年1月17日 (水)

マジンガーZ/INFINITY サウンドトラック特装盤

 1月13日公開の映画『マジンガーZ/INFINITY』、好評のようです。
 CGで動き回るマジンガーZと機械獣が迫力たっぷり。
 マジンガー世代でない方にも観てもらえればと思います。

 本編音楽はオリジナル版を手がけた渡辺宙明先生の御子息・渡辺俊幸さんが担当。
 現代的なサウンドに旧作のモチーフを散りばめて、サントラファンも旧作ファンも唸る出来。

 サウンドトラックは通常盤と特装盤と2種類があり、特装盤のとんでもない仕様が注目です。

 劇場版サントラ1枚に、旧作『マジンガーZ』『グレートマジンガー』の音源をアーカイブしたCD6枚を加えた7枚組!
 旧音源はオリジナル・マスターからハイレゾリマスタリング(ハイレゾでマスタリングしてからCDフォーマットに落とし込む)を施して収録されています。
 1曲1トラック、録音順収録は、過去のどの盤とも異なる画期的な仕様。

 高島幹雄さんとワーナーミュージック鈴木ディレクターの渾身の作です。

 私はブックレット掲載の渡辺宙明×渡辺俊幸音楽対談を担当しました。
 興味深い内容ですので宙明先生ファンも俊幸先生ファンもぜひお読みいただければ。

 映画と旧作の思い出と共にお楽しみください。

マジンガーZ/INFINITY オリジナル・サウンドトラック特装盤

 : アルバム・ジャケット

2017年12月31日 (日)

「家なき子 総音楽集」発売中です

 今年も最後となりましたが、12月27日に発売された「家なき子 総音楽集」の紹介を。

 1977~1978年に放送されたTVアニメ『家なき子』の歌と音楽をCD3枚に集大成した音楽集です。

 監督は出崎統、音楽は渡辺岳夫。
 出崎統監督作品の中では派手なアクションもなく、カッコいいキャラクターも登場しない、地味とも言える作品ですが、少年レミの旅を丹念に描いて深い感動を呼ぶ名作です。筆者にとっては、心のふるさととも言える作品でした。

 音楽もすばらしい。ときに抒情的で美しく、ときに激しく心をゆさぶる。『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』などを手がけてきた渡辺岳夫の名作アニメ音楽の集大成ともいうべき作品です。

 当時、主題歌・挿入歌を収録した歌のアルバムとBGMを収録した音楽集アルバムがキングレコードから発売されましたが、過去にCD化されたのは主題歌2曲のみ。この美しい、胸に沁みる音楽をなんとかまとめてCD化したいと長年願ってきました。

 その願いがようやくかないました。感無量です。

 主題歌を歌った沢田亜矢子さんにもインタビューできました。『家なき子』と渡辺岳夫先生への想いを聴くことができ、一ファンとして感激でした。

 多くの人に聴いていただければと思います。

家なき子 総音楽集

 : アルバム・ジャケット

2017年8月 2日 (水)

セーラームーン クラシック コンサート

 Dgj8r2pu0aafyli

 8日2日と8月3日の2日間3公演、「美少女戦士セーラムーン25周年記念 クラシック コンサート」が池袋、東京芸術劇場で開催されます。

 当日券は3日夜の最終公演分のみ残っているそうです。
(8月3日18時より東京芸術劇場の当日券売り場にて販売)

 私は公演パンフレットの構成と取材・執筆を担当しています。
 90年代アニメ、バンダイ版ミュージカル、ネルケ版ミュージカル、2010年代アニメ(「セーラームーンCrystal」)と幅広いファン向けに、なるべく偏らないように腐心しました。
 絵もたくさん入った美しい作りですので、ぜひ公演の記念にお買い求めください。

 今回、コンサートグッズは、コンサート会場ではなく、別会場で販売すると言う、特殊な販売方式になっています。
 グッズ販売は8月2日から5日まで、池袋マルイ7階イベントスペースにて、コンサートチケットをお持ちでない方も購入できます。
 コンサートには行けないけどグッズはほしいという方もぜひご利用ください。

美少女戦士セーラームーン25周年記念 クラシック コンサート

2017年3月22日 (水)

「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」発売!

 《SOUNDTRACK PUB》レーベル最新作「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」がいよいよ3月22日に発売されます!

 数ある渡辺宙明テレビ作品の中でも、再見の機会に恵まれないレア作品2タイトル。
 1970年放送のTVドラマ『ガードドッグ』と1973年放送のTVドキュメンタリー『おーい!太陽っ子』をカップリングしました。

 渡辺宙明先生宅の倉庫に保存されていた音楽テープからアーカイブした貴重な音源です。

 当面Amazonでの販売はなく、diskunion神保町タクトARK SOUNDTRACK SQUAREのみの販売になります。

 今なら、先着で渡辺宙明先生直筆サイン入りジャケットサイズカード付き!
 ぜひご利用ください!

渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子

 : アルバム・ジャケット

2017年1月27日 (金)

「透明ドリちゃん オリジナル・サウンドトラック」発売!

 1月25日に「透明ドリちゃん オリジナル・サウンドトラック」が日本コロムビアより発売されました。「Columbia Sound Treasure Series」の1枚です。構成・解説を担当しました。

 渡辺宙明先生の1978年の作品。実写魔法少女もののルーツともいうべき1作です。BGMは全曲初商品化! OKテイクはすべて収録しました。

 ブックレットには渡辺宙明先生最新インタビューと、宙明先生が本作放送当時にファンクラブ会報に発表された主題歌作曲秘話を特別収録しました。宙明先生ご本人も忘れていた貴重なお話が書かれています。ファン必読!
 当時から、渡辺宙明先生がいかにミュージシャンやサウンドにこだわっていたかも、うかがい知ることができます。

 魔法少女ものというと、可愛い曲ばかりでは?と思われる方もいるかもしれませんが、アクション曲もちゃんとあるので宙明サウンドファンもご心配なく!

透明ドリちゃん オリジナル・サウンドトラック

 : アルバム・ジャケット

2016年12月28日 (水)

珍豪ムチャ兵衛 音楽集

 「珍豪ムチャ兵衛 音楽集」が12月28日に東京ムービーレコードより発売されます。構成・解説を担当しました。

 1971年にTBS系で放送されたTVアニメ『珍豪ムチャ兵衛』の主題歌とBGMを集大成した初のサウンドトラック・アルバム。BGMとパイロット版主題歌は初商品化です。

 音楽は、『オバケのQ太郎』(白黒版)主題歌や「ガメラマーチ」、『ど根性ガエル』の音楽などを手がけた広瀬健次郎! 明るくノリのよい音楽はのちの『ど根性ガエル』につながる曲調です。
 パイロット版主題歌は今回の作業での新発見。TVで使用された主題歌とほぼ同じ歌詞ながらメロディの異なる別の歌です。このパイロット版主題歌のメロディがBGMにも使用されています。

 AmazonのDOD(ディスク・オンデマンド)というシステムを使用しての販売。東京ムービーレコードとしても初の試みですが、これがうまくいけば、なかなか商業ベースに乗りにくいレアな作品のサントラをDODで発売する道筋が拓けるかもしれません。

珍豪ムチャ兵衛 音楽集

 : アルバム・ジャケット

2016年11月11日 (金)

「劇場版 エースをねらえ! 総音楽集」発売決定!

 《SOUNDTRACK PUB》レーベル最新作「劇場版 エースをねらえ! 総音楽集」が11月30日に発売されます!

 まだAmazonには掲載されていませんが、主題歌とBGMを収録したCD2枚組で、定価3,500円(税別)です。

 本アルバムの品番はSTLC-008~009。5月にリリースした「ジャングル黒べえ」の品番はSTLC-026ですから、「ずいぶん品番が若いな」と思われるかもしれません。実はこの品番は「新・エースをねらえ! 音楽集」(品番:STLC-006)のあとに発売するつもりで、リザーブしておいたのです。

 本来なら2013年の春には発売する予定でしたが、諸事情によって発売が延び、とうとう3年半経ってしまいました。

 しかし時間をかけただけのものにはなったと思います。

 DVD特典サントラには未収録だった主題歌は、映画サイズ、レコードサイズ、初公開のオリジナル・カラオケを収録(キングレコードのカヴァー版は入ってません)。
 BGMもダビング用のサウンドトラック(モノラル音源)とその素材となったオリジナル・スコア(ステレオ音源)を収録しました。初の試みとして、オリジナル・スコアは2チャンネル・モノラル音源をステレオMIXして収録しています。

 ブックレットには1979年劇場公開時のプログラムに掲載されていた出崎統監督のコメント(「俺達に『白雪姫』は作れない…」という文章)を再録。音楽を担当した馬飼野康二先生の最新インタビューも掲載しました。
 収録曲等は下記を参照ください。
 http://www.soundtrackpub.com/label/cd/STLC008.html

 ジャケット画は昔からおなじみの絵柄ですが、昨年開催された「スポコン展!」に展示されていた原画を撮影した最新の画像をお借りしました。

 11月20日開催のイベント「『Bugってハニー』サウンドトラック発売記念トークライブ~東京ムービーレコードの逆襲~」の会場=阿佐ヶ谷ロフトAで先行販売の予定です。制作秘話も紹介します。ぜひ、ご来場ください!
 イベントの詳細は下記を参照ください。
 http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/51789

(2016.11.14追記)
 11月23日に<dues新宿>で開催される「第15回 サウンドトラックコンサート」でも先行販売を行います。「サウンドトラックコンサート」は新宿ディスクユニオンシネマ館とARK SOUNDTRACK SQUAREとの共同開催によるサントラ試聴会。会場の<dues新宿>はディスクユニオンシネマ館の1フロア上、4Fです。詳細は下記を参照ください。
 http://blog-shinjuku-movie.diskunion.net/Entry/3091/

 劇場版エースをねらえ!総音楽集ジャケット

2016年11月 4日 (金)

「映画 魔法つかいプリキュア!」サウンドトラック

 10月29日公開の『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』のサウンドトラックCDが発売中です(10月26日発売)。
 構成・解説・作曲家インタビューを担当しています。

 解説とインタビューではなるべくネタバレにならならいよう気を付けましたが、サントラを聴くだけでどんな映画か想像できてしまうので、映画を観てから聴くのがお奨めです。

 音楽はTVシリーズと同じ高木洋さん。
 今回、長編のBGMは15曲が新曲。ただし、BGM扱いだった「鮮烈!キュアモフルン」が正式に挿入歌としてクレジットされているので、それを除くと14曲ということになります。

 TV版BGMからはサントラ未収録曲(追加録音)が2曲使用されています。1曲は短く編集しての使用でしたのでサントラでは割愛し、1曲のみ収録しました。2曲とも、11月30日発売予定のTVシリーズサントラ第2弾に収録されます。

 挿入歌はもともと「正しい魔法の使い方」「キラメク誓い」「ふたつの願い」の3曲が用意されていました。
 解説にも「挿入歌は3曲」と書いたのですが、上述の通り「鮮烈!キュアモフルン」も挿入歌になったので、合計4曲になりました。

 オープニング&エンディングを含めると6曲もの歌がかかるにぎやかな映画です。
 でも、それぞれに意味のある使い方なので歌のシーンが浮いているといった心配は無用。
 ぜひ、劇場で体験してください。

 なお、「正しい魔法の使い方」と「鮮烈!キュアモフルン」は、今のところこのサントラ盤にしか収録されない予定です。
 お買い逃しのないように!

映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン! オリジナル・サウンドトラック

 : アルバム・ジャケット

魔法つかいプリキュア オリジナル・サウンドトラック2 プリキュア・マジカル・サウンド!!

 : アルバム・ジャケット

より以前の記事一覧