Soundtrack Pub

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年4月15日 (日)

大野雄二「角川映画シネマコンサート」

 20140414a

 4月14日(土)、東京国際フォーラム ホールAで開催された「角川映画シネマコンサート」に足を運びました。13、14日の2日間2回公演の2日目。

 第1部が『犬神家の一族』の名場面を上映しながらのコンサート約90分。そのあと石坂浩二さん×大野雄二さんのトークショー。15分の休憩が入って、この時点で開演からほぼ2時間。
 第2部は『人間の証明』と『野生の証明』の名場面を上映しながらコンサート、合わせて約90分。最後に映画中では聴けない「人間の証明のテーマ」と「戦士の休息」のフルコーラス歌唱。
 アンコールを含めて、全3時間40分のボリュームです。
 (前日の第1回公演に行った人の噂を聞いていた私は覚悟していたので長さも含めて楽しみました)
 ダイジェストとはいえ濃い映画を3本も観てぐったり、となりそうなところですが、心地よい興奮と充実感が残りました。

 演奏は大野雄二さんとこのコンサートのために集められたオーケストラ(名づけて“SUKE-KIYO”オーケストラ)。
 公演オフィシャルページにメンバーが載っていますが、サントラ録音の現場でも活躍する名だたるミュージシャンたちです。
http://kadokawaeiga-concert.com/about.html

 オリジナルスコアは残ってなく、オリジナル音源も一部を除いて聴けない状況で、大野先生、耳コピしながら膨大なスコアを起こしたそうですが、セリフやSEでよく聴こえないところは「新しく書いちゃった」とか。それだけでなく、「昔の音をそのまま再現するのは性分ではない」ということで、全体的に現代の大野雄二の音にアップデートされてます。オリジナルより音楽がゴージャスに聴こえる。

 名場面上映の間に、スクリーンが暗くなって演奏だけをたっぷり聴かせるコーナーが何ヶ所か挟まれる。
 純粋なシネマコンサートではなく、シンクロ上映+コンサートという趣向。
 むしろ、コンサートの比率の方が大きい。
 しかし、それがよかった。
 純粋なシネマコンサートであれば、なるべくオリジナル・サウンドトラックを再現したアレンジと演奏が求められるところですが、本公演に限っては、「オリジナルに忠実にやってほしかった」というファンはいないでしょう。
 作曲家本人が音楽監督と演奏を務めるコンサートならではの醍醐味です。
 みんな、大野雄二のサウンドを聴きに来ているんだから。
 その期待を裏切らない、すばらしい内容でした。

 1部と2部、それぞれのラストに演奏された「愛のバラード」の大胆なアレンジ・ヴァージョンも実によかった。商品化希望です。

(記録として演奏メンバーを公演サイトからコピペしておきます)
大野雄二と“SUKE-KIYO”オーケストラ
 大野雄二(音楽監督・ピアノ、フェンダーローズ) 市原 康(ドラム) ミッチー長岡(ベース) 松島啓之(トランペット) 鈴木央紹(テナーサックス) 和泉聡志(ギター) 宮川純(オルガン) Fujikochans[佐々木久美、Lyn、佐々木詩織](ボーカル・コーラス) 梶原順(ギター) 宮本一(シンセサイザー) 川瀬正人(パーカッション) 小竹満里(ティンパニー) 平原まこと(アルトサックス) 近藤和彦(バリトンサックス) エリック・ミヤシロ、鈴木正則、奥村晶(トランペット) 中川英二郎、半田信英、野々下與一(トロンボーン) 中川昌三、大澤明子(フルート) 庄司知史(オーボエ) 藤田乙比古、和田博史(ホルン) 小寺里奈 グループ(ストリングス) 斎藤葉(ハープ) 長須与佳(琵琶) MiMi(ハンマーダルシマー)

指揮:西谷 亮
ゲストボーカル:
 松崎しげる(「戦士の休息」)
 ダイアモンド☆ユカイ(「人間の証明のテーマ」)

2018年2月 8日 (木)

池頼広のNHKドラマ3作品サントラ

 : アルバム・ジャケット

 2月7日、池頼広さんの自主レーベル<スタジオキッチン>レーベルから珍しいドラマ音楽のCDが発売されました。

 NHKで放送されたドラマ3作品のサウンドトラックを集めたアルバムです。

 『全力失踪』(2017)、『デザイナーベイビー』(2015)、『タイムスパイラル』(2014)の3作品。

 音楽はもちろん、すべて池頼広が担当。

 サントラ発売の機会に恵まれなかったドラマ音楽を作曲家自らCDにして発売するという意欲的な試みです。

 『タイムスパイラル』は時間SFなので、SFドラマ好きの方も要チェック。

 池さんのレーベルでは、これまで

Yoshihiro Ike Works 2006-2016」(自選ベスト:2枚組)
Sasja - sings Ike's - 池頼広の世界」(自選ヴォーカルベスト)
相棒 劇場版IV オリジナルサウンドトラック
探偵はBARにいる3 オリジナルサウンドトラック

 そして本作と5タイトルを発売。
 今後もリリースを予定しているそうです。

 でも、自主レーベルなので製造枚数は多くはなく、売り切れたら入手は困難です。
 気になる方はお早めに!

NHKドラマ『全力失踪』『タイムスパイラル』『デザイナーベイビー』オリジナルサウンドトラック

2017年8月15日 (火)

語り下ろし本「作曲家・渡辺宙明」

 渡辺宙明先生の初の語り下ろし本『作曲家・渡辺宙明』がワイズ出版より発売されます。

 奥付の発売日は8月19日(宙明先生の誕生日)ですが、大都市の大手書店の店頭にすでに並び始めているそうです。

◎『作曲家・渡辺宙明

 渡辺宙明・述
 小林 淳・編
 A5判上製 372頁
 2900円+税

 Watanabechumei_obi

 インタビューアと編者を務めたのは、日本映画と映画音楽について多くの著書を発表している小林淳さん。

 この上ない聞き手を得て、宙明先生の幼少期から映画音楽との出逢い、新東宝、東映、大映、東宝、日活などの映画音楽のお話がたっぷり語られています。

 これまで断片的には紹介されてきましたが、これだけの分量のお話がまとめて紹介されるのは初のこと。

 まさにファン必携、必読の本です。
 ぜひお読みください。

 東京都内では下記の書店などに入荷しているようです。

●新宿:紀伊國屋書店、ブックファースト
●渋谷:MARUZEN&ジュンク堂
●神保町:三省堂、書泉グランデ、東京堂
●池袋:ジュンク堂
●六本木:青山ブックセンター
●丸の内:丸善

※売り切れの際はご容赦ください。Amazonでも注文できます。

※Amazonは一時的に品切れのようです。再入荷をお待ちください。

2017年7月10日 (月)

訃報 横山菁児先生

 7月8日、作曲家の横山菁児先生が亡くなりました。82歳でした。

 『宇宙海賊キャプテンハーロック』『聖闘士星矢』をはじめ、『昆虫物語 新みなしごハッチ』『超合体魔術ロボ ギンガイザー』『まじかる☆タルるートくん』『恐竜戦隊コセイドン』『超人機メタルダー』『特警ウインスペクター』『超力戦隊オーレンジャー』など、数々のアニメ、特撮作品の音楽を担当。TVドラマ、時代劇でも活躍しました。

 躍動感のあるダイナミックなオーケストレーション、美しいメロディが魅力でした。
 その音楽は、世界中で愛され、コンサートも開催されています。

 1999年からは東京を離れ、広島を拠点に活躍されていました。
 2013年夏、広島のご自宅にうかがってお話をうかがったのが、お会いした最後になりました。

 たくさんのすばらしい音楽をありがとうございました。
 どうぞ安らかに。

訃報 横山菁児氏 (中国新聞)

2016年9月24日 (土)

池頼広ベストアルバム収録内容

 池 頼広さんのベストアルバム2タイトル=「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」と「Sasja - sings Ike's - 池 頼広の世界」が、本日9月24日開催の「相棒コンサート -響-」で初売りになります。

 実はこのCD、池さんの完全自主制作。プライベート・レーベル《スタジオキッチン》からの発売なのです。

 なので、まだAmazonにも、どこのショップにも発売情報は出ていません。

 腹巻猫は選曲のお手伝いとライナーノーツの編集・執筆を担当しました。

 ここでスタジオキッチンに代わって内容をご紹介!

------------------------------------------------
「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」

発売日:2016年9月24日
品番:STK-001
定価:本体¥3,500+税
CD2枚組
発売元:スタジオキッチン(Studio Kitchen)

Stk001_h1_small

収録内容

DISC 1
01. 静流へ (映画『ただ君を愛してる』[2006]より)
02. FREEDOM (アニメ『FREEDOM』[2006]より) ★
03. 伊野谷村歌舞伎 (ドラマ『おシャシャのシャン!』[2008]より) ★
04. Farewell~旅立ち (ドラマ『ケータイ捜査官7』[2008]より)
05. 蘭のテーマ (アニメ『テレパシー少女 蘭』[2008]より)
06. サマー・レイン (ドラマ『ゴンゾウ~伝説の刑事』[2008]より)
07. ギルド鑑撃破! (アニメ『COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン』[2008]より)
08. Disaster (ゲーム『DISASTER DAY OF CRISIS』[2008]より) ★
09. God Hand (ドラマ『ゴットハンド輝』[2009]より)
10. 運命 (映画『MW-ムウ-』[2009]より)
11. 栄華の女王 (ドキュメンタリー『エジプト発掘』[2009]より)
12. Gynecology (ドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』[2009]より)
13. 僕の初恋をキミに捧ぐ テーマ (映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』[2009]より)
14. スウィート タンゴ (ドラマ『曲げられない女』[2010]より)
15. 愛の証 (映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』[2010]より)
16. 新・月世界旅行 ベストアルバムver. (アニメ『宇宙ショーへようこそ』[2010]より)
17. Got a GOLD (ドラマ『GOLD』[2010]より)
18. 黒の戦士 (アニメ『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』[2010]より) ★
19. 美しい隣人 (ドラマ『美しい隣人』[2011]より)
20. TIGER & BUNNY (アニメ『TIGER & BUNNY』[2011]より)
21. ヤング ブラック・ジャック (ドラマ『ヤング ブラック・ジャック』[2011]より) ★
22. Dolce vita (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
23. ピスタチオマカロン (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
24. 固い決意 (映画『Paradise Kiss』[2011]より)
25. 探偵はBARにいる メイン・テーマ (映画『探偵はBARにいる』[2011]より)
26. Theme of QP (ドラマ『QP』[2011]より)

DISC 2
01. 幸福の黄色いハンカチ (ドラマ『幸福の黄色いハンカチ』[2011]より) ★
02. Behind the mask (ドラマ『家政婦のミタ』[2011]より)
03. オーパーツ (ドラマ『O-PARTS~オーパーツ~』[2012]より) ★
04. テーマ オブ ブラックボード (ドラマ『ブラックボード~時代と戦った教師たち~』[2012]より) ★
05. 都市伝説の女 テーマ曲 (ドラマ『都市伝説の女』[2012]より)
06. My Peaceful Days(僕の平和な日々) (ドラマ『クレオパトラな女たち』[2012]より)
07. 家族のいた風景 (映画『HOME 愛しの座敷わらし』[2012]より)
08. The Birth... of ASURA (アニメ『アシュラ』[2012]より)
09. 謎多き美女 (ドラマ『サキ』[2013]より) ☆
10. 斉藤さん2のテーマ (ドラマ『斉藤さん2』[2013]より)
11. 不死鳥~The Sun Will Rise Again (映画『少年H』[2013]より)
12. ゲゲゲの怪談 (ドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』[2013]より) ★
13. バニシングドライブ (アニメ『黒子のバスケ』[第2期][2013]より)
14. 行きかう人々 (映画『すべては君に逢えたから』[2013]より)
15. Blue Sanctuary (アニメ『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』[2014]より)
16. Rage of Bahamut (アニメ『神撃のバハムート GENESIS』[2014]より)
17. 相棒 シーズン13 オープニングテーマ (ドラマ『相棒 season13』[2014]より)
18. 帝光中バスケットボール部 (アニメ『黒子のバスケ』[第3期][2015]より)
19. ◯◯妻のテーマ (ドラマ『○○妻』[2015]より)
20. デザイナーベイビー (ドラマ『デザイナーベイビー』[2015]より) ★
21. The One (アニメ『屍者の帝国』[2015]より) ★
22. すみれの世界 (ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』[2016]より)
23. GENESIS (アニメ『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』[2016]より)
24. Shadowverse メインテーマ (ゲーム『Shadowverse』[2016]より) ★
25. 悠久の時 (ドラマ『時をかける少女』[2016]より)

★=初収録
☆=Blu-ray BOX特典ディスクにのみ収録・初CD化

---------------

「Sasja - sings Ike's - 池 頼広の世界」

発売日:2016年9月24日
品番:STK-002
定価:本体¥2,000+税
CD1枚組
発売元:スタジオキッチン(Studio Kitchen)

Stk002_h1_small

収録内容

01. COBRA THE SPACE PIRATE (アニメ『COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン』[2008]より)
02. Under Fire (アニメ『鴉-KARAS-』[2007]より)
03. Don't Cry Honey (オリジナルビデオ『秘密潜入捜査官 ハニー&バニー』[2007]より)
04. True Friends (アニメ『宇宙ショーへようこそ』[2010]より)
05. Day By Day (ドラマ『OLにっぽん』[2008]より)
06. Fireflies (ドラマ『美しい隣人』[2011]より)
07. Saki's Song (ドラマ『サキ』[2013]より) ☆
08. Cool Whispers (ドラマ『たったひとつの恋』[2006]より)
09. Cake and Love (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
10. Afterimage (ゲーム『TRINITY Zill O'll Zero』[2010]より) ★
11. Tragedy (ゲーム『TRINITY Zill O'll Zero』[2010]より) ★
12. Blue skies, happy endings (映画『KIDS』[2008]より)
13. WILD WILD CATS (映画『秘密潜入捜査官ワイルドキャッツ in ストリップロワイヤル』[2008]より)
14. Keep On Believing (ドラマ『OLにっぽん』[2008]より)
15. When Love Kills You ~English ver.~ (ドラマ『相棒 season11』[2012]より)
16. TIME DRIVE (アニメ『COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ』[2009]より)

★=初収録
☆=Blu-ray BOX特典ディスクにのみ収録・初CD化
------------------------------------------------

 「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」は、池さんの2006年~2016年の仕事から厳選した50作品・51曲を収録。これだけ制作・放送局・レーベルが異なる作品が一堂に会するのは奇跡的なことです。

 アニメ『FREEDOM』の音源は初蔵出し。
 『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』は過去に配信のみで、『屍者の帝国』はBlu-ray限定版特典CDのみでサントラがリリースされていますが、今回はいずれにも収録されていない音源を収録しました。

 ほか、山田洋次監督の名作をリメイクした阿部寛主演のTVドラマ『幸福の黄色いハンカチ』や若きブラック・ジャックを描く『ヤング ブラック・ジャック』、SFサスペンス『オーパーツ』、水木しげるの怪奇短編を原作にしたオムニバス・ドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』、NHKドラマ『デザイナーベイビー』、ゲーム『DISASTER DAY OF CRISIS』、『Shadowverse』など、初商品化となるドラマ・ゲーム音楽が多数収録されています。

 ブックレットには、池さんのインタビュー、作品データ等を掲載しました。中面デザインには、池さん自身が撮影した天体写真が使用されていますので、そちらも注目です。

 「Sasja -sings Ike's- 池 頼広の世界」は、これまで池さんのサントラでヴォーカル曲を歌ってきたサシャ・アントニス(Sasja Antheunis)の初のベストアルバム。こちらも初収録、初CD化音源があります。ブックレットには池さんとサシャのコメントのほか、貴重なサシャの写真も掲載しました。
 ジャジーな曲からしっとりした曲、ミステリアスな曲まで、自在に歌い分ける池頼広サウンドの歌姫=サシャの魅力を一枚に凝縮しました。

 コンサートに行かれる方は、ぜひ会場でお買い求めを!

 10月22日開催の「池 頼広トークライブ」でも販売を予定しています。

 その後、一般販売も予定していますが、在庫なくなれば販売終了になりますので、お早目に。

2016年8月13日 (土)

エリック・セラ LIVE in JAPAN

 8月10日、11日の両日にわたって開催されたエリック・セラ LIVE in JAPANの11日の回に行ってきました。

 セラは過去にも映画のプロモーションなどで来日してますが、公演(ライブ/コンサート)はこれが初めて。
 予想以上にロックな、パワフルなライブでした。

 「コンサート」でなく「LIVE」というだけあって、完全なバンド編成。
 ギター×2(1人はセラ自身)、ドラムス、パーカッション、キーボード、サックスの6人。
 しかし、打ち込みのバックトラックを流しながらの演奏なので、薄い印象はない。音の広がり、音圧とも申し分なく、迫力の音量にレーザー光線がびしばし飛び交うさまは、サントラのコンサートというより、ロック・コンサートのよう。そのわりに会場のノリがまったりしてて、セラはちょっとやりにくかったかもしれません。

 曲は『ニキータ』『フィフス・エレメント』『007 ゴールデンアイ』『レオン』『サブウェイ』『アーサーとミニモイの不思議な国』『グラン・ブルー』『ルーシー』など。「007」以外は、すべてリュック・ベッソン作品です。
 インスト曲だけでなく、セラのヴォーカル曲も交えての13曲+アンコール2曲。
 セラはギター演奏だけでなく、シンセのオペレーションも自身でやり、時にはパーカッションも叩いたり、ヴォーカルも聴かせてくれたりと大活躍。
 日本大好きというだけであって、日本語のMCもがんばってました。

 スクリーンに映像を映しながらの演奏は大いに盛り上がりましたが、つい映像に観入ってしまって肝心の演奏に集中できない場面もあったのはもったいなかった(個人的に)。
 でも、サントラとはまた違ったアレンジ、編成での演奏は、ライブならではの興奮と驚きがあって、わざわざ足を運ぶ価値はあったと感じた満足の内容でした。

 終演後のアフター・トークショーがなかなか興味深かったです。
 セラ曰く、
「ギターを始めたのは5歳のとき」
「16歳の頃にはプロのミュージシャンとして活動していた」
「父がギタリストだったので、家の中ではさまざまな音楽があふれていて、自然と音楽に親しんでいた」
「リュック・ベッソンとは、互いに10代のときにスタジオで出会った。女性歌手の知り合いとしてスタジオに来ていたのがリュック・ベッソンだった。のちに彼が初めて自主映画を作った時、音楽を依頼された。自分にとっても、それが初の映画音楽だった」
「音楽の発想がどこから生まれるのか、自分でもよくわからない。音楽学校に通ったことはなく、作曲・編曲は独学で学んだので、音楽の理論的なことは知らない。音の付いていない映像を観ながら、感情に合う音楽を作り出す(というようなことを言っていた)」
「作曲は孤独な作業。いちばん楽しいのは演奏しているとき」

 聞き手のお姉さんが日本的なふわっとした質問をするので、セラがたびたび、「質問はなんなの?」と聞きかえしていたのが面白かった。
 通訳の女性にスポットが当たるように椅子を下りてみたり、「これからやりたいことは?」という質問に、聞き手のお姉さんの肩を抱いてみたりと、おちゃめな一面が見られて、「エリック・セラって面白い人?」と思っていしまいましたよ。かなり印象が変わりました。

 セラの最後の言葉は日本語で「また逢いましょう」。次回の来日公演を楽しみにしています。

ベスト・オブ・エリック・セラ
※会場でも販売されていた2枚組ベスト盤。今回の演奏曲も多数含まれてます。

 : アルバム・ジャケット

<Set List>

続きを読む "エリック・セラ LIVE in JAPAN" »

2016年5月 9日 (月)

【訃報】冨田勲先生

 『ジャングル大帝』などを手がけた冨田勲先生が、5月5日に慢性心不全のため亡くなりました。84歳でした。

 新作「ドクター・コッペリウス」を準備していると聞いて、まだまだお元気と思っていたので、茫然としています。心より哀悼の意を表します。

 『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『キャプテンウルトラ』『マイティジャック』『どろろ』『空中都市008』…。幼少期から冨田サウンドに触れて育ったのは幸せでした。
 長じては、大河ドラマなどのドラマ音楽や映画音楽を聴き、シンセサイザーのアルバムを聴き、その唯一無二のサウンドに魅せられ続けてきました。

 録音音楽では録音音楽にしかできないことを、シンセサイザーではシンセサイザーにしかできないことを、そしてコンサートではコンサートでしかできないことを。
 常に新しい試みにチャレンジし、あふれるアイデアを音楽に注ぎ込み、世界のどこにもないサウンドを作り出してきた音楽家魂に、ただただ圧倒されます。
 それでいて、数々のアニメ・特撮ソングやドラマ音楽などでは、子どもたちにも親しまれる、キャッチ―でカッコいい、すばらしいメロディを残してくれました。

 天空の音楽を紡いだ冨田先生。
 空の向こうで、何の制約もなく、思い切り天空の音楽を奏でているような気がします。

 ありがとうございました。

作曲家の冨田勲さん死去(朝日新聞)
冨田勲氏死去 長男・勝氏がコメント「倒れる1時間前まで打ち合わせを」 (スポニチ)
冨田勲さん死去…慶応高同級生の小林亜星が思い出語る(スポーツ報知)
歌手・弘田三枝子、冨田さん悼む(デイリースポーツ)

2016年4月 6日 (水)

映画「僕だけがいない街」オリジナル・サウンドトラック

 3月19日より公開中の映画『僕だけがいない街』のオリジナル・サウンドトラックを《SOUNDTRACK PUB》レーベルより4月6日に発売します。

 時間逆行現象「リバイバル」によって過去に戻って事件を食い止めることができる青年・悟。少年時代に起きた連続殺人事件の謎を解くために少年時代に戻ることに。やがて殺されることになる少女を助けることができるのか…?
 時間SFとミステリーと少年ドラマの要素をあわせ持った作品です。原作は三部けいの人気コミックス。音楽は、『あさが来た』『ガンダム ビルドファイターズ』『ハイキュー!!』などを手がける林ゆうきさん。
 抒情的な映像に寄り添う林ゆうきさんの音楽がいいんですよ。少年・少女の友情を描写する楽曲にじーんときます。いっぽうで、連続殺人のサスペンスを表現する曲や時間逆行現象「リバイバル」の場面に流れる曲などは、心がざわざわっとするような緊迫感のあるサウンドで作られています。

 林ゆうきさんといえば、新体操選手から作曲家に転身、というユニークな経歴を持つ若手人気作曲家。連続テレビ小説『あさが来た』の大ヒットもあって勢いに乗っている旬の作家です。未来の邦画サウンドトラックを担う音お聴きください!

映画「僕だけがいない街」オリジナル・サウンドトラック

 : アルバム・ジャケット

2014年3月29日 (土)

「砂の器」映画オリジナル音楽集

 1974年公開の映画『砂の器』のオリジナル・サウンドトラック盤「砂の器 映画オリジナル音楽集」が発売されました。

 音楽監督は芥川也寸志。作曲は菅野光亮が担当。

 映画のみならず音楽も評判を呼んだ、映画音楽ファンには思い出深い作品です。

 公開当時、映画音楽を観賞用に構成し直した「ピアノと管弦楽のための組曲「宿命」」というアルバムが発売されました。
 が、これは映画で使用された音楽をそのまま収録したいわゆる「オリジナル・サウンドトラック」ではなかったので、サントラファンとしては、「本来のサントラが聴きたい」という思いがずっと残っていました。
 今回のCDは、音楽マスターから劇中音楽を物語の進行に沿って収録した本当の意味での「サウンドトラック盤」。映画音楽ファン待望のアルバムが実現したわけです!

 ミュージックファイルシリーズでおなじみ高島幹雄さんのお仕事。
 小さい字が詰まったブックレットを見るだけでニヤニヤします。
 とりわけ組曲「宿命」と映画音楽との詳細な検証は興味がつきない労作です。

 作曲の菅野光亮さんは私の好きな作家の一人で、ドラマ『大空港』『白い地平線』などの音楽を手がけています。
 加山雄三主演のTVドラマ版『ブラックジャック』の音楽もヒカシューと連名で担当。

 ジャズピアニストとしても活躍し、ドラマチックな音楽を残しましたが、残念ながら44歳の若さで亡くなりました。

 菅野光亮さんの仕事を振り返る意味でも、貴重なリリースです。

あの頃映画サントラシリーズ 砂の器 映画オリジナル音楽集

 : アルバム・ジャケット

<松竹レコード>レーベルからはこちらも発売中!

鬼平犯科帳 TVシリーズ 音楽集

 : アルバム・ジャケット

剣客商売/雲霧仁左衛門 TVシリーズ 音楽集

 : アルバム・ジャケット

2013年11月 6日 (水)

すべては君に逢えたから オリジナル・サウンドトラック

 SOUNDTRACK PUBレーベルの次回作は、11月22日公開の映画「すべては君に逢えたから」のオリジナル・サウンドトラック盤です。

 映画はクリスマスイヴが近づく東京駅周辺を舞台に、さまざまな愛のエピソードが並行して描かれる「グランドホテル形式」のラブストーリー。

 SF・特撮ファン的には「侍戦隊シンケンジャー」「宇宙犬大作戦」「ネオ・ウルトラQ」の高梨臨ちゃんがメインヒロイン格で出演しているところが注目です!

☆映画「すべては君に逢えたから」公式サイト
 http://wwws.warnerbros.co.jp/

 音楽はドラマ「相棒」シリーズ、「家政婦のミタ」、アニメ「かみちゅ!」「TIGER & BUNNY」などの池頼広さん。
 このリリース自体、池さんからのご紹介で実現しました。

 メジャーの新作映画のサントラ作りは初めての挑戦で、いろいろととまどうことや苦労がありました。
 でも、おかげで経験値が上がり、《SOUNDTRACK PUB》のラインナップも広がったと思います。

 映画のヒットとともに、サントラ盤も多くの人に聴いていただけたらと願っています。
 ぜひ聴いてください!

すべては君に逢えたから オリジナル・サウンドトラック
 11月20日発売/定価:¥3,150/限定1000枚・Amazonと一部ショップのみの限定販売

 : アルバム・ジャケット

より以前の記事一覧