Soundtrack Pub

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年2月 8日 (木)

池頼広のNHKドラマ3作品サントラ

 : アルバム・ジャケット

 2月7日、池頼広さんの自主レーベル<スタジオキッチン>レーベルから珍しいドラマ音楽のCDが発売されました。

 NHKで放送されたドラマ3作品のサウンドトラックを集めたアルバムです。

 『全力失踪』(2017)、『デザイナーベイビー』(2015)、『タイムスパイラル』(2014)の3作品。

 音楽はもちろん、すべて池頼広が担当。

 サントラ発売の機会に恵まれなかったドラマ音楽を作曲家自らCDにして発売するという意欲的な試みです。

 『タイムスパイラル』は時間SFなので、SFドラマ好きの方も要チェック。

 池さんのレーベルでは、これまで

Yoshihiro Ike Works 2006-2016」(自選ベスト:2枚組)
Sasja - sings Ike's - 池頼広の世界」(自選ヴォーカルベスト)
相棒 劇場版IV オリジナルサウンドトラック
探偵はBARにいる3 オリジナルサウンドトラック

 そして本作と5タイトルを発売。
 今後もリリースを予定しているそうです。

 でも、自主レーベルなので製造枚数は多くはなく、売り切れたら入手は困難です。
 気になる方はお早めに!

NHKドラマ『全力失踪』『タイムスパイラル』『デザイナーベイビー』オリジナルサウンドトラック

2017年3月22日 (水)

「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」発売!

 《SOUNDTRACK PUB》レーベル最新作「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」がいよいよ3月22日に発売されます!

 数ある渡辺宙明テレビ作品の中でも、再見の機会に恵まれないレア作品2タイトル。
 1970年放送のTVドラマ『ガードドッグ』と1973年放送のTVドキュメンタリー『おーい!太陽っ子』をカップリングしました。

 渡辺宙明先生宅の倉庫に保存されていた音楽テープからアーカイブした貴重な音源です。

 当面Amazonでの販売はなく、diskunion神保町タクトARK SOUNDTRACK SQUAREのみの販売になります。

 今なら、先着で渡辺宙明先生直筆サイン入りジャケットサイズカード付き!
 ぜひご利用ください!

渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子

 : アルバム・ジャケット

2016年9月24日 (土)

池頼広ベストアルバム収録内容

 池 頼広さんのベストアルバム2タイトル=「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」と「Sasja - sings Ike's - 池 頼広の世界」が、本日9月24日開催の「相棒コンサート -響-」で初売りになります。

 実はこのCD、池さんの完全自主制作。プライベート・レーベル《スタジオキッチン》からの発売なのです。

 なので、まだAmazonにも、どこのショップにも発売情報は出ていません。

 腹巻猫は選曲のお手伝いとライナーノーツの編集・執筆を担当しました。

 ここでスタジオキッチンに代わって内容をご紹介!

------------------------------------------------
「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」

発売日:2016年9月24日
品番:STK-001
定価:本体¥3,500+税
CD2枚組
発売元:スタジオキッチン(Studio Kitchen)

Stk001_h1_small

収録内容

DISC 1
01. 静流へ (映画『ただ君を愛してる』[2006]より)
02. FREEDOM (アニメ『FREEDOM』[2006]より) ★
03. 伊野谷村歌舞伎 (ドラマ『おシャシャのシャン!』[2008]より) ★
04. Farewell~旅立ち (ドラマ『ケータイ捜査官7』[2008]より)
05. 蘭のテーマ (アニメ『テレパシー少女 蘭』[2008]より)
06. サマー・レイン (ドラマ『ゴンゾウ~伝説の刑事』[2008]より)
07. ギルド鑑撃破! (アニメ『COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン』[2008]より)
08. Disaster (ゲーム『DISASTER DAY OF CRISIS』[2008]より) ★
09. God Hand (ドラマ『ゴットハンド輝』[2009]より)
10. 運命 (映画『MW-ムウ-』[2009]より)
11. 栄華の女王 (ドキュメンタリー『エジプト発掘』[2009]より)
12. Gynecology (ドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』[2009]より)
13. 僕の初恋をキミに捧ぐ テーマ (映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』[2009]より)
14. スウィート タンゴ (ドラマ『曲げられない女』[2010]より)
15. 愛の証 (映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』[2010]より)
16. 新・月世界旅行 ベストアルバムver. (アニメ『宇宙ショーへようこそ』[2010]より)
17. Got a GOLD (ドラマ『GOLD』[2010]より)
18. 黒の戦士 (アニメ『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』[2010]より) ★
19. 美しい隣人 (ドラマ『美しい隣人』[2011]より)
20. TIGER & BUNNY (アニメ『TIGER & BUNNY』[2011]より)
21. ヤング ブラック・ジャック (ドラマ『ヤング ブラック・ジャック』[2011]より) ★
22. Dolce vita (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
23. ピスタチオマカロン (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
24. 固い決意 (映画『Paradise Kiss』[2011]より)
25. 探偵はBARにいる メイン・テーマ (映画『探偵はBARにいる』[2011]より)
26. Theme of QP (ドラマ『QP』[2011]より)

DISC 2
01. 幸福の黄色いハンカチ (ドラマ『幸福の黄色いハンカチ』[2011]より) ★
02. Behind the mask (ドラマ『家政婦のミタ』[2011]より)
03. オーパーツ (ドラマ『O-PARTS~オーパーツ~』[2012]より) ★
04. テーマ オブ ブラックボード (ドラマ『ブラックボード~時代と戦った教師たち~』[2012]より) ★
05. 都市伝説の女 テーマ曲 (ドラマ『都市伝説の女』[2012]より)
06. My Peaceful Days(僕の平和な日々) (ドラマ『クレオパトラな女たち』[2012]より)
07. 家族のいた風景 (映画『HOME 愛しの座敷わらし』[2012]より)
08. The Birth... of ASURA (アニメ『アシュラ』[2012]より)
09. 謎多き美女 (ドラマ『サキ』[2013]より) ☆
10. 斉藤さん2のテーマ (ドラマ『斉藤さん2』[2013]より)
11. 不死鳥~The Sun Will Rise Again (映画『少年H』[2013]より)
12. ゲゲゲの怪談 (ドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』[2013]より) ★
13. バニシングドライブ (アニメ『黒子のバスケ』[第2期][2013]より)
14. 行きかう人々 (映画『すべては君に逢えたから』[2013]より)
15. Blue Sanctuary (アニメ『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』[2014]より)
16. Rage of Bahamut (アニメ『神撃のバハムート GENESIS』[2014]より)
17. 相棒 シーズン13 オープニングテーマ (ドラマ『相棒 season13』[2014]より)
18. 帝光中バスケットボール部 (アニメ『黒子のバスケ』[第3期][2015]より)
19. ◯◯妻のテーマ (ドラマ『○○妻』[2015]より)
20. デザイナーベイビー (ドラマ『デザイナーベイビー』[2015]より) ★
21. The One (アニメ『屍者の帝国』[2015]より) ★
22. すみれの世界 (ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』[2016]より)
23. GENESIS (アニメ『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』[2016]より)
24. Shadowverse メインテーマ (ゲーム『Shadowverse』[2016]より) ★
25. 悠久の時 (ドラマ『時をかける少女』[2016]より)

★=初収録
☆=Blu-ray BOX特典ディスクにのみ収録・初CD化

---------------

「Sasja - sings Ike's - 池 頼広の世界」

発売日:2016年9月24日
品番:STK-002
定価:本体¥2,000+税
CD1枚組
発売元:スタジオキッチン(Studio Kitchen)

Stk002_h1_small

収録内容

01. COBRA THE SPACE PIRATE (アニメ『COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン』[2008]より)
02. Under Fire (アニメ『鴉-KARAS-』[2007]より)
03. Don't Cry Honey (オリジナルビデオ『秘密潜入捜査官 ハニー&バニー』[2007]より)
04. True Friends (アニメ『宇宙ショーへようこそ』[2010]より)
05. Day By Day (ドラマ『OLにっぽん』[2008]より)
06. Fireflies (ドラマ『美しい隣人』[2011]より)
07. Saki's Song (ドラマ『サキ』[2013]より) ☆
08. Cool Whispers (ドラマ『たったひとつの恋』[2006]より)
09. Cake and Love (ドラマ『リバウンド』[2011]より)
10. Afterimage (ゲーム『TRINITY Zill O'll Zero』[2010]より) ★
11. Tragedy (ゲーム『TRINITY Zill O'll Zero』[2010]より) ★
12. Blue skies, happy endings (映画『KIDS』[2008]より)
13. WILD WILD CATS (映画『秘密潜入捜査官ワイルドキャッツ in ストリップロワイヤル』[2008]より)
14. Keep On Believing (ドラマ『OLにっぽん』[2008]より)
15. When Love Kills You ~English ver.~ (ドラマ『相棒 season11』[2012]より)
16. TIME DRIVE (アニメ『COBRA THE ANIMATION タイム・ドライブ』[2009]より)

★=初収録
☆=Blu-ray BOX特典ディスクにのみ収録・初CD化
------------------------------------------------

 「Yoshihiro Ike Works 2006-2016」は、池さんの2006年~2016年の仕事から厳選した50作品・51曲を収録。これだけ制作・放送局・レーベルが異なる作品が一堂に会するのは奇跡的なことです。

 アニメ『FREEDOM』の音源は初蔵出し。
 『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』は過去に配信のみで、『屍者の帝国』はBlu-ray限定版特典CDのみでサントラがリリースされていますが、今回はいずれにも収録されていない音源を収録しました。

 ほか、山田洋次監督の名作をリメイクした阿部寛主演のTVドラマ『幸福の黄色いハンカチ』や若きブラック・ジャックを描く『ヤング ブラック・ジャック』、SFサスペンス『オーパーツ』、水木しげるの怪奇短編を原作にしたオムニバス・ドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』、NHKドラマ『デザイナーベイビー』、ゲーム『DISASTER DAY OF CRISIS』、『Shadowverse』など、初商品化となるドラマ・ゲーム音楽が多数収録されています。

 ブックレットには、池さんのインタビュー、作品データ等を掲載しました。中面デザインには、池さん自身が撮影した天体写真が使用されていますので、そちらも注目です。

 「Sasja -sings Ike's- 池 頼広の世界」は、これまで池さんのサントラでヴォーカル曲を歌ってきたサシャ・アントニス(Sasja Antheunis)の初のベストアルバム。こちらも初収録、初CD化音源があります。ブックレットには池さんとサシャのコメントのほか、貴重なサシャの写真も掲載しました。
 ジャジーな曲からしっとりした曲、ミステリアスな曲まで、自在に歌い分ける池頼広サウンドの歌姫=サシャの魅力を一枚に凝縮しました。

 コンサートに行かれる方は、ぜひ会場でお買い求めを!

 10月22日開催の「池 頼広トークライブ」でも販売を予定しています。

 その後、一般販売も予定していますが、在庫なくなれば販売終了になりますので、お早目に。

2016年4月30日 (土)

『科捜研の女』オリジナル・サウンドトラック2

 4月27日に「科捜研の女 オリジナル・サウンドトラック Part2」が発売されました。

 2010年に出たサントラ1枚目も私が担当しましたが、そのときはスケジュールの都合で書き原の解説のみでした。
 今回は川井憲次さんにしっかりインタビューしていまう。

 川井さん、2001年の第3シリーズから15年に渡って音楽を担当しているのに「科捜研の女」について取材を受けるのは初めて(!)とのことで、そもそもの話からうかがいました。

 参加したきっかけから、作品への愛着、テーマ曲作曲裏話、選曲・構成の工夫など(サントラは川井さん自身の選曲・構成)、川井憲次ファンにも興味深い内容になったと思います。

 2011年以降の歴代テーマも入っています。カッコいいですよ。ぜひお聴きください。

科捜研の女 オリジナルサウンドトラック Part2

 : アルバム・ジャケット

2016年3月 6日 (日)

「渡辺宙明コレクション 五番目の刑事」発売決定!

 《SOUNDTRACK PUB》レーベル第15弾「渡辺宙明コレクション 五番目の刑事」を3月30日に発売します!

 3月5日に開催された「渡辺宙明卆寿記念コンサートVol.2」の会場では先行販売をいたしました。お立ち寄りくださったみなさま、ありがとうございました。

 『五番目の刑事』は渡辺宙明先生が1969年に手がけた原田芳雄主演の刑事ドラマ。
 本作の音楽は、同じ東映制作、NET放映の『人造人間キカイダー』や『キカイダー01』などの特撮ヒーロー番組に流用されたことで知られています。『キカイダー』や『バトルフィーバーJ』を観てきたファンなら、耳なじみのある曲が多いはず。
 いわば、宙明先生の特撮ヒーロー・サウンドのプロトタイプとも呼べる作品なのです。

 しかし、本作の音楽を「特撮番組に流用された」という観点からのみ聴くのはもったいない。
 ジャズ、ラテン、ロック、サーフサウンド、民族音楽など、宙明先生が50~60年代に吸収してきた音楽が凝縮された集大成ともいうべき作品になっているのですよ。
 そして、70年代以降の作品ではしだいに聴けなくなっていく、大人びた「夜の宙明サウンド」が本作には息づいています。
 60年代末に登場したアダルトな宙明サウンドの傑作をぜひお聴きください。

渡辺宙明コレクション 五番目の刑事

 : アルバム・ジャケット

2015年7月 7日 (火)

「渡辺宙明コレクション オレとシャム猫/新 忍者部隊月光」

 《SOUNDTRACK PUB》レーベルの最新作(第12弾)「渡辺宙明コレクション オレとシャム猫/新 忍者部隊月光」が7月15日に発売されます。

 渡辺宙明先生が1960年代に手がけたTVドラマ2作品のカップリング。

 『オレとシャム猫』は1969年放送のミステリードラマ。若林映子らが演じる4人の娘が事件を解決していく、ちょっとおしゃれなミステリーものです。『チャーリーズ・エンジェル』を先取りしたみたいなドラマでした。宙明先生の音楽は伊集加代子のスキャットをフィーチャーした宙明作品の中でも珍しいジャズ作品。渡辺貞夫からジャズ理論を学んだ直後の宙明先生が意欲を燃やして取り組んだ音楽が聴きものです。

 『新 忍者部隊月光』は『忍者部隊月光』から設定と物語りを引き継いだ続編として1966年に放送された作品。2つのシリーズにまたがって展開した第3部「まぼろし同盟編」で使用された音楽を初収録しました。CD「忍者部隊月光 音楽作戦Vol.1」「同 Vol.2」にも未収録のカッコいい音楽がまだ残っていたのですよ。

 さらにボーナストラックとして、宙明先生が1965年に手がけたTVドラマ『アッちゃん』の音楽を1曲収録しました。これは制作会社にもテープはなくて、宙明先生がご自身で保管されていたテープから見つかった、文字通りの秘蔵音源です。今では作品自体を再見する機会がないので、貴重な収録となりました。

 「渡辺宙明コレクション」の冠で、このあとも宙明先生の未CD化作品を紹介してきたいと思っています。その第1弾となる「オレとシャム猫/新 忍者部隊月光」をぜひお聴きください。

渡辺宙明コレクション オレとシャム猫/新 忍者部隊月光

 : アルバム・ジャケット

2015年3月 6日 (金)

オーダーメイドファクトリー「大江戸捜査網」商品化決定!

 SonyMusicのオーダーメイドファクトリーで『大江戸捜査網「隠密同心」』の商品化が決定しました!

 過去に何度かラインナップに挙がったものの、予約数が規定に達せず商品化できなかった作品。
 ついに初CD化実現です。

 音楽は玉木宏樹先生。『怪奇大作戦』と並ぶ(一般的にはより知名度の高い)代表作のひとつです。
 オリジナル盤は1975年12月発売(品番:25AH 910)。劇場用映画『大江戸捜査網「隠密同心」』のサントラ盤として発売されました。映画用にステレオ録音されているのが特徴です。メインテーマは主題歌「燃えよ夕陽」とのカップリングでシングル盤にもなりました。
 中に1曲、隠密同心たちが名乗りを上げるシーンの曲がセリフ入りで収録されていて(このトラックのみモノラル)、これも目玉のひとつでしょう。
 ライナーには玉木先生と松尾昭典監督のコメントも掲載されていて、これも復刻されると思います。

 オーダーメイドファクトリーの商品は予約受付期間中に予約しておかないと購入できないので、聴きたい方は早めに予約しておきましょう。
 オーダーメイドファクトリーの商品ページから予約できます。

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=DYCL000000063

 25ah910_a500

2012年8月 7日 (火)

「お荷物小荷物」とミニモーグ

 『お荷物小荷物』は1970年から72年にかけて朝日放送系列で放送されたTVドラマ。現在は最終話しか視聴がかなわない幻のドラマです(横浜放送ライブラリーで観られる)。そのサウンドトラック盤が発売されるというのだから、ただただ驚き。快挙というほかありません。

 収録された音楽はテーマ音楽を含むBGM11曲と佐々木剛が歌う歌が2曲。アルバムとしては物足りない感じですが、これが現在発見されているすべての音楽です。
 そして、本アルバムの目玉は60ページにおよぶブックレット。加藤義彦氏の筆で充実の解説・内容紹介が綴られています。音楽・佐藤允彦、主演・中山千夏へのインタビューや佐々木守のエッセイ採録も貴重。巻末には第1話の台本をまるまる収録と、サウンドトラックというよりも、音と本で番組を再現するCDブック的なパッケージです。

 佐藤允彦のインタビューが興味深い。第2部「カムイ編」では入手したばかりのミニモーグを使用したと語り、CDにもその音楽が収められています。これが、「日本で最初に輸入された3台」のうちの1台で、「残る2台は冨田勲とNHKが購入した」と続くのですが、先の「渡辺宙明トークライブ Part3」へおいでいただいた方はお気づきのとおり、実はもうミニモーグはもう1台輸入されていて、それを買ったのが渡辺宙明先生でした。つまり、「ミニモーグの最初期の輸入は4台で、冨田勲、佐藤允彦、渡辺宙明、NHKが1台ずつ購入した」というのが真実ではないでしょうか。

 『お荷物小荷物』カムイ編の放送は1971年12月から。これは、『人造人間キカイダー』の放映よりも7か月早い。おそらく、日本のTVドラマでもっとも早く音楽にシンセサイザーを取り入れた作品ではないかと思われます。それが、『お荷物小荷物』という挑戦的なドラマだったというのは、なかなか「らしいなぁ」と思います。

 このサントラ、TVドラマ史、TV音楽史的にも貴重なリリースであるのはもちろん、サウンドトラックという商品のこれからを考える上でも示唆に富んだものと思いました。音源を発掘するだけでなく、使われた作品のことやドラマの中での音楽の役割を検証して、解説書にまとめる。そうした手間暇をきちんとかけることが、映像音楽文化を残し、新しいファンや研究者を育てていくことにつながるはずだ、とあらためて思ったのでした。この試みが支持されるなら、「DVDのおまけでないサントラ」の存在価値も、確実にあると思います。

テレビドラマ「お荷物小荷物」音楽編

 : アルバム・ジャケット

2012年7月 2日 (月)

感涙! 坂田晃一作品集!

 『坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス』が6月27日にソニー・ミュージックより発売されました。CDとしては初の坂田晃一作品集です。

 坂田先生は私の大好きな作曲家のひとりです。昨年、アニメ映画『コクリコ坂から』の主題歌に坂田先生の名曲のひとつ「さよならの夏」が採用されたという報を聞き、「坂田晃一再評価のきっかけになれば」と願っていたのが実現しました。Soundtrack Pubでも折に触れて坂田晃一作品を紹介してきましたので、ファンとして、ほんとうにうれしい。

 坂田晃一は、日本テレビグランド劇場や読売テレビのドラマの数々で音楽を担当。美しく切ないメロディでドラマの雰囲気を盛り上げました。「さよならをするために」(『3丁目4番地』)、「もしもピアノが弾けたなら」(『池中玄太80キロ』)など、ヒットした曲は誰もが耳にしたことがあるでしょう。
 NHKでは連続テレビ小説『雲のじゅうたん』『おしん』、大河ドラマ『おんな太閤記』、時代劇『日本巌窟王』『立花登・青春手控え』『茂七の事件簿 ふしぎ草紙』などを担当。『雲のじゅうたん』は音楽も含め、大好きな作品です。
 そして、アニメの代表作が『母をたずねて三千里』『ふしぎな島のフローネ』『南の虹のルーシー』といった名作アニメ。私が坂田晃一の名をはじめて意識したのが『母をたずねて三千里』でした。縁あって、のちにコロムビアで2枚組のサントラを構成・解説を担当することができ、はりきってとりくんだものです。思い出に残る仕事となりました。

 SoundtrackPubでも紹介したことがありますが、70年代にアナログレコードで坂田先生のドラマ主題歌を集めた『冬と夏の物語 坂田晃一の世界』というLPが発売されています。また、『いんてぃめっと ダ・カーポ/グランド劇場を歌う』というLPもありました。70年代の坂田メロディの人気をうかがわせる商品です。
 今回の『坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス』は21世紀版『冬と夏の物語』とでも呼べる企画で、文字通り代表作が網羅されています。聴いているだけで、もう涙・涙。「こんな美しい曲を書く作家がほかにいるだろうか」と感涙必至です。

 ボーナス・トラックにはドラマ主題歌以外から3曲を収録。これもなかなか貴重。ブックレットにはインタビューも掲載され、坂田晃一入門としてはこれ以上ない1枚となっています。
 「最近美しいメロディを聴いてないな」という方、テレビドラマ主題歌の豊穣な世界に触れてみたいという方、ぜひ、手にとってみてください。

 できれば、今回未収録になった曲を集めたPart2も実現してほしい。『坂田晃一 NHKテーマトラックス』や『坂田晃一 アニメ・テーマトラックス』も。これは自分が作りたいです!

坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス

 : アルバム・ジャケット

2012年6月30日 (土)

「都市伝説の女」オリジナル・サウンドトラック

 放送は終了しましたが、テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠で4月~6月期に放送されたドラマ『都市伝説の女』のオリジナル・サウンドトラック盤が6月20日に発売されました。腹巻猫が解説・インタビューを担当しています。

 主人公の音無月子は都市伝説マニアの女刑事。美貌と美脚を武器に強引に捜査を進めて、いつの間にか事件を解決してしまう! 長澤まさみがエキセントリックな役柄を楽しそうに演じているのが印象的でした。謎の老人役の宇津井健もいい味を出しています。放送中は毎週楽しみに観ていました。

 音楽は『相棒』の池 頼広さん。
 「都市伝説」という題材にインスパイアされて、刑事ドラマでありながら、ファンタジー風味の強い音楽になっています。ミステリー×ファンタジー。新機軸といっていいかもしれません。おすすめは、事件発生シーンや捜査が佳境に入るシーンを盛り上げていた「音無月子あらわる!」と、幻想的な旋律がミステリアスに、またリリカルに展開する「都市伝説の女テーマ曲」。

 新感覚のミステリードラマ音楽として楽しんでいただけたらうれしいです。

都市伝説の女 オリジナル・サウンドトラック

 : アルバム・ジャケット

より以前の記事一覧