Soundtrack Pub

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2018年3月 3日 (土)

「機甲界ガリアン」音楽集 完全版

 : アルバム・ジャケット

 2月28日、ワーナーミュージック・ジャパンより「『機甲界ガリアン』音楽集 完全版」が発売されました。

 1984~85年に放送されたTVアニメ『機甲界ガリアン』の音楽を集大成した4枚組CD-BOXです。
 腹巻猫はブックレット掲載の音楽座談会の聞き手・構成を担当しています。

 いいですよ、これ。

 LPサイズよりは小さいけどCDよりは大きいEPサイズの紙ジャケ(特徴的な紙質まで再現!)。 当時の音楽集LPのジャケットイラストを楽しむには手頃な大きさです。

 DISC1とDISC2に放送当時発売された音楽集をMナンバーごとにトラック分けして収録。加えて、ようやく発見された未収録BGM(ステレオ音源)をボーナストラックに収録。
 DISC3には音楽集でBGMとくっついて収録されている主題歌2曲をEPマスターから収録(カラオケも入れてほしかった!)。
 DISC4はSE入りで収録された音楽集Vol.2の楽曲をSEなしで新たにMIXして収録。本BOXの目玉のひとつです。

 結果、未収録曲含む全曲をSEなしステレオ音源で完全収録、1曲1トラック収録が実現。

 長年、こういう音源が欲しかったという夢がかないました。

 ブックレットも充実。
 音楽集LPのライナーノーツの復刻はもちろん、ディスクユニオンでCD化された際のスペシャルブックレット(冬木透×高橋良輔対談とEUROXインタビュー)も再録されています。
 新規収録の冬木透×高橋良輔×積惟文(当時のワーナーパイオニア音楽プロデューサー)音楽座談会とBGMリストも掲載。
 そして、音響監督の故・浦上靖夫さん直筆音楽メニューの復刻小冊子なんて、涙が出ます。

 アニメサントラ復刻の理想的な形のひとつと呼べる好企画。聴いて、読んで、観て楽しめます。ぜひ手に取ってみてください。

「機甲界ガリアン」音楽集 完全版

2018年2月16日 (金)

ギンガイザー&マシーンブラスター サントラ発売!

 : アルバム・ジャケット

 2月14日、『超合体魔術ロボ ギンガイザー』のオリジナル・サウンドトラックが発売されました。

 1977年に放送された日本アニメーション制作のロボットアニメ。音楽は『宇宙海賊キャプテンハーロック』『聖闘士星矢』の横山菁児先生です。横山先生初のSFアクションアニメ作品で、のちの同ジャンルの作品のルーツとも呼べるでしょう。BGMは全曲初商品化です。

 腹巻猫は構成・解説を担当しました。昨年7月に惜しくも逝去された横山先生。新規インタビューはかないませんでしたが、過去に腹巻猫が行ったインタビューから抜粋したものをブックレットに掲載しています。

 : アルバム・ジャケット

 さらに3月7日には《SOUNDTRACK PUB》レーベルより『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』のオリジナル・サウンドトラックが発売されます。

 これは1976~77年に放送された日本アニメーション制作のロボットアニメ第1弾。音楽は小林亜星×筒井広志の黄金コンビです。

 こちらもBGMは全曲初商品化。さらに初公開の主題歌オリジナル・カラオケも収録しました。構成と音楽解説は不破了三さんにお願いしました。

 ぜひ、『ギンガイザー』『マシーンブラスター』2タイトルそろえてお聞きください!

超合体魔術ロボ ギンガイザー オリジナル・サウンドトラック

ブロッカー軍団IV マシーンブラスター オリジナル・サウンドトラック

2018年2月 9日 (金)

サンライズ ミュージックバー 田中公平さんトークショー

 本日(2月9日)17時より受付が始まった、2月18日開催の田中公平先生トークショーにMCとして登壇します。

 サンライズ ミュージックバー in アニ ON 秋葉原
 田中公平さんトークショー
 2月18日(日) 18時開場/18時半開演
 入場料:3000円(1ドリンク付き)
 ※完全予約制/受付先着順

 勇者シリーズ、エルドランシリーズを中心にマニアックなお話もうかがおうと思います。

 お楽しみに!

 でも、相手が公平先生なのでまったく口をはさむ余裕がないかも…。

 それも含めてお楽しみに!

 「サンライズ ミュージックバー」は秋葉原<アニ ON>で2月16日(金)~3月25日(日)まで開催されるイベント。
 サンライズ作品の音楽を聴いたり、映像を観たりしながらお酒が飲めるバーです。

 週替わりでフィーチャーする作品が変わり、作品にちなんだドリンクを注文すると主題歌シングルのジャケット画をデザインしたコースターが付いてきます。

 詳細は下記イベントページで!(リンク切れの際はご容赦ください)

http://www.namco.co.jp/cafe_and_bar/anionstation/special/sunrise/

2018年1月17日 (水)

マジンガーZ/INFINITY サウンドトラック特装盤

 1月13日公開の映画『マジンガーZ/INFINITY』、好評のようです。
 CGで動き回るマジンガーZと機械獣が迫力たっぷり。
 マジンガー世代でない方にも観てもらえればと思います。

 本編音楽はオリジナル版を手がけた渡辺宙明先生の御子息・渡辺俊幸さんが担当。
 現代的なサウンドに旧作のモチーフを散りばめて、サントラファンも旧作ファンも唸る出来。

 サウンドトラックは通常盤と特装盤と2種類があり、特装盤のとんでもない仕様が注目です。

 劇場版サントラ1枚に、旧作『マジンガーZ』『グレートマジンガー』の音源をアーカイブしたCD6枚を加えた7枚組!
 旧音源はオリジナル・マスターからハイレゾリマスタリング(ハイレゾでマスタリングしてからCDフォーマットに落とし込む)を施して収録されています。
 1曲1トラック、録音順収録は、過去のどの盤とも異なる画期的な仕様。

 高島幹雄さんとワーナーミュージック鈴木ディレクターの渾身の作です。

 私はブックレット掲載の渡辺宙明×渡辺俊幸音楽対談を担当しました。
 興味深い内容ですので宙明先生ファンも俊幸先生ファンもぜひお読みいただければ。

 映画と旧作の思い出と共にお楽しみください。

マジンガーZ/INFINITY オリジナル・サウンドトラック特装盤

 : アルバム・ジャケット

2017年12月31日 (日)

「家なき子 総音楽集」発売中です

 今年も最後となりましたが、12月27日に発売された「家なき子 総音楽集」の紹介を。

 1977~1978年に放送されたTVアニメ『家なき子』の歌と音楽をCD3枚に集大成した音楽集です。

 監督は出崎統、音楽は渡辺岳夫。
 出崎統監督作品の中では派手なアクションもなく、カッコいいキャラクターも登場しない、地味とも言える作品ですが、少年レミの旅を丹念に描いて深い感動を呼ぶ名作です。筆者にとっては、心のふるさととも言える作品でした。

 音楽もすばらしい。ときに抒情的で美しく、ときに激しく心をゆさぶる。『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』などを手がけてきた渡辺岳夫の名作アニメ音楽の集大成ともいうべき作品です。

 当時、主題歌・挿入歌を収録した歌のアルバムとBGMを収録した音楽集アルバムがキングレコードから発売されましたが、過去にCD化されたのは主題歌2曲のみ。この美しい、胸に沁みる音楽をなんとかまとめてCD化したいと長年願ってきました。

 その願いがようやくかないました。感無量です。

 主題歌を歌った沢田亜矢子さんにもインタビューできました。『家なき子』と渡辺岳夫先生への想いを聴くことができ、一ファンとして感激でした。

 多くの人に聴いていただければと思います。

家なき子 総音楽集

 : アルバム・ジャケット

2017年12月17日 (日)

訃報 島田満さん

20171216_200834s

 Soundtrack Pubの準備中に、脚本家・島田満さんの訃報を聞きました。

 80年代に『Dr.スランプ アラレちゃん』でデビュー。世界名作劇場『若草物語 ナンとジョー先生』『ロミオの青い空』『こんにちは、アン』、『魔法の天使クリィミーマミ』『ONE PIECE』など多くの作品に参加した脚本家です。

 『ロミオの青い空』と『ジュエルペットてぃんくる』の完全版サントラを作る機会を得たとき、じっくりと島田さん脚本の作品と向き合い、ドラマ作りの巧みさ、キャラクターの心情を描く愛情あふれる筆致に感動したことを覚えています。

 58歳。まだまだ活躍してほしかったです。残念です。

 心より哀悼の表します。

アニメ脚本家・島田満さん死去 (オリコン・ニュース)

 先日のSoundtrack Pubでも追悼の1曲が捧げられました。

2017年8月 2日 (水)

セーラームーン クラシック コンサート

 Dgj8r2pu0aafyli

 8日2日と8月3日の2日間3公演、「美少女戦士セーラムーン25周年記念 クラシック コンサート」が池袋、東京芸術劇場で開催されます。

 当日券は3日夜の最終公演分のみ残っているそうです。
(8月3日18時より東京芸術劇場の当日券売り場にて販売)

 私は公演パンフレットの構成と取材・執筆を担当しています。
 90年代アニメ、バンダイ版ミュージカル、ネルケ版ミュージカル、2010年代アニメ(「セーラームーンCrystal」)と幅広いファン向けに、なるべく偏らないように腐心しました。
 絵もたくさん入った美しい作りですので、ぜひ公演の記念にお買い求めください。

 今回、コンサートグッズは、コンサート会場ではなく、別会場で販売すると言う、特殊な販売方式になっています。
 グッズ販売は8月2日から5日まで、池袋マルイ7階イベントスペースにて、コンサートチケットをお持ちでない方も購入できます。
 コンサートには行けないけどグッズはほしいという方もぜひご利用ください。

美少女戦士セーラームーン25周年記念 クラシック コンサート

2017年7月10日 (月)

訃報 横山菁児先生

 7月8日、作曲家の横山菁児先生が亡くなりました。82歳でした。

 『宇宙海賊キャプテンハーロック』『聖闘士星矢』をはじめ、『昆虫物語 新みなしごハッチ』『超合体魔術ロボ ギンガイザー』『まじかる☆タルるートくん』『恐竜戦隊コセイドン』『超人機メタルダー』『特警ウインスペクター』『超力戦隊オーレンジャー』など、数々のアニメ、特撮作品の音楽を担当。TVドラマ、時代劇でも活躍しました。

 躍動感のあるダイナミックなオーケストレーション、美しいメロディが魅力でした。
 その音楽は、世界中で愛され、コンサートも開催されています。

 1999年からは東京を離れ、広島を拠点に活躍されていました。
 2013年夏、広島のご自宅にうかがってお話をうかがったのが、お会いした最後になりました。

 たくさんのすばらしい音楽をありがとうございました。
 どうぞ安らかに。

訃報 横山菁児氏 (中国新聞)

2017年5月 1日 (月)

「おはよう!スパンク 歌と音楽集」先行販売

 Stlc029_h1_300

 5月4日に開催される「資料性博覧会10」の劇伴倶楽部ブースで《SOUNDTRACK PUB》レーベル新譜「おはよう!スパンク 歌と音楽集」を先行販売します。

 「おはよう!スパンク 歌と音楽集」は、1981年~1982年に放送されたTVアニメ『おはよう!スパンク』の主題歌・挿入歌と音楽を集大成した3枚組CDセットです。

 放送当時発売されたLPアルバム「歌と詩集(ポエム)」と劇場版「オリジナル・サウンドトラック」(初CD化)の復刻に加え、初公開となるオリジナルBGMをたっぷり収録しました。
 現存する主題歌・挿入歌のカラオケ、メロオケも収録。
 音楽は馬飼野康二と上野哲生。少女漫画らしいロマンティックな曲やフュージョン風の曲、表情豊かなスパンクを描写するコミカルな曲など、80年代人気作品の香りを伝える名曲ぞろいです。

 ブックレットはフルカラー32ページの豪華版。
 主題歌歌手・井上望さんインタビュー、音楽担当・上野哲生さんインタビュー、DISCOGRAPHY、楽曲解説、BGMリスト、放映リスト等を掲載しました。

 定価=税込¥4,860のところ、資料博会場特別価格¥4,500(税込)で頒布します!

 また、3月に発売した「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」も、渡辺宙明直筆サイン入りカード付きで頒布します(なくなり次第終了)。

 会場内イベントスペースでは、14:00~15:00に奉力萬さんと早川優さんによる「流用ライブラリ音楽の世界」というトークイベントもあります。

 お時間ありましたら、ぜひご来場ください!

「資料性博覧会10」
5月4日(木・祝) 11:00~16:00
中野サンプラザ13F コスモルーム
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/index.html

2017年4月 8日 (土)

訃報 松山祐士先生

 4月7日、作曲家の松山祐士先生が亡くなりました。
 ショックです。

アニメ「機動戦士ガンダム」など編曲 編曲家の松山祐士さんが死亡 (産経ニュース)

 編曲家と紹介されていますが、『機動戦士ガンダム』のBGMの半分は松山先生の作曲でした。音楽クレジットも連名で表記されています。

 プロローグのバックに流れる壮大な「長い眠り」も敵味方区別なく使用された戦闘曲「颯爽たるシャア」もホワイトベース発進時によく使われた「戦いへの恐怖」も、戦争映画的な印象深い曲は松山先生の作でした。

 『アタックNo.1』以来の渡辺岳夫先生とのコンビで、『天才バカボン』『赤胴鈴之助』『アルプスの少女ハイジ』『魔女っ子メグちゃん』『フランダースの犬』『キャンディ・キャンディ』『あらいぐまラスカル』『新巨人の星』『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』『家なき子』『ペリーヌ物語』などを手がけ、アニメ音楽に一時代を築きました。

 実写作品でも『非情のライセンス』『緊急指令10-4 10-10』『サンダーマスク』『怪人二十面相』『ザ・カゲスター』など渡辺岳夫作品の多くに参加しています。

 『機動戦士ガンダム』にはTVシリーズと劇場版3作すべてに参加。渡辺岳夫先生らと共同で劇中音楽を担当しました。
 『機動戦士ガンダム 総音楽集』を作ったときにインタビューさせていただいて、以来、毎年年賀状をいただいていました。

 まだまだお元気で、お話をうかがいたいこともたくさんあったのに…。

 残念です。 心より哀悼の意を表します。

より以前の記事一覧